サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「紅葉前に」のトップ記事は
こちら
日本寺の境内を巡ります
161015103621a2.jpg
161015103621
お寺さんの境内とは思えない光景が続きます

「房州石」の採掘跡で両側が切り立った崖面になっています

「房州石」は建築材として利用されていたのだとか
それが栃木県大谷の「大谷石」が好まれて利用されるようになって
この「房州石」の需要が減っていったそうです

「大谷石」の採掘跡の「大谷資料館」は何度か訪れた所です
こうして新旧(流り・廃れ)の採掘場所を目にすると、感慨深い気持ちになりますね

161015103650a2.jpg
161015103650
崖の高さは30mほどでしょうか・・・
この狭い中で石材を切り出して麓へ下ろすとなると
ほぼ人力で行っていたのかな?

161015103703a2.jpg
161015103703
垂直の壁面には切り出された跡が残っています

161015103729a2.jpg
161015103729
その採掘跡に掘られた「百尺観音」

その名前の通り、約10mの大きさだそうです
完成は昭和41年と、意外と新しい・・・。

161015104006a2.jpg
161015104006
戦争犠牲者と東京湾周辺の陸海空の交通の
犠牲者を供養するために作られたそうです

161015103843a2.jpg

161015103843
この先には「金谷下山口」という管理所があります
「日本寺」に幾つかある出入口のひとつ・・・金谷の町へ至るようです

一旦、分岐まで戻って、岩壁の上に見える「地獄のぞき」に向かいます

また、連続する階段の予感・・・

161015104119a2.jpg
161015104119
採掘が終わってから年月が経過し、植物が成長して
山深い地の遺跡っぽい雰囲気にも感じられます

この後、この「百尺観音」への道の分岐点まで戻り、「地獄のぞき」への道へ・・・
想像通り、階段の連続です

2人が上下できる程度の巾の階段のあちこちで
肩で息をしていたり、呼吸を整えている人が続出

ここは「山」ではなく「お寺さん」と思ったのか、普通の革靴で来ている人も居るし・・・

161015104507a2.jpg
161015104507
「地獄のぞき」が見えてきました

nokogiri02.jpg 青の破線は辿ってきた道、赤の破線はこの記事での行程です

訪問日:2016年10月15日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.10.20 


Secret