サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
梓川沿いに走ります
161030105832a2.jpg
161030105832
旅前、紅葉も終盤かな?と予想してきたのですが・・・

少し、色変わりしてきたかな~?
って程度で「紅葉」とはほど遠い景色

「新島々BT(バスターミナル」を出発して、北アルプスの山中に入っていきます
渡る川は「梓川」・・・1回目の渡河

梓川の水源は、あの槍ヶ岳(3180m)・・・上高地を通り、
松本市で木曽の茶臼山(2653m)からの奈良井川と合流し、犀川(さいがわ)と名を変えます

長野市で、奥秩父の甲武信ヶ岳(2475m)が水源の千曲川と合流
その流れは、新潟県に入ると信濃川と名前を変えて、日本海に至ります

日本一の信濃川には、北アルプス、中央アルプス、秩父の水が流れているのですね
161030110102a2.jpg
161030110102
「島々」の集落を抜けます
やっと、紅葉した木々が見えます・・・晴れていれば映えたのでしょうね

流れているのは、「島々谷川」・・・水源は、徳本峠(とくごうとうげ:1240m)

バス道路が出来る前、上高地を訪れるには、その徳本峠を越えるのがメインルートでした
ここから、上高地(河童橋)まで徒歩9時間の行程、だそうです

161030110458a2.jpg
161030110458
新島々BT(約690m)から100m上がって
2度目の梓川の渡河・・・目の前に「稲核(いねこき)ダム」のアーチ

ダム直前を橋で渡るので、ダム堤が真正面に見えます
こういうシーンって珍しいですよね

翌日、訪れる予定なので、周囲の散策路を車窓から確認・・・
国道からアーチへ至る道の入り口にはバーが下されています

ダム近くには行けないのかな
となると、予定している1時間の滞在時間は長すぎるかも

161030110908a2.jpg
161030110908
5分後、2つ目のダムが見えてきました
「水殿ダム」・・・「みどの」と読みます

先程の「稲核」ダムよりダム堤は長そうな感じ
よ~く見ると、歩いている人がいます・・・ここはダム上から見学が出来そう

161030111110a2.jpg
161030111110
車窓から下流側を・・・水殿ダムのアーチ後ろ側が見えます
周囲も紅葉している樹が少し増えたかな?

水殿ダムのダム湖は「水殿調整池」と言うのだとか・・・
もうちょっと気の利いた名前があってもいいと思うのですが

161030111120a2.jpg
161030111120
上流側を・・・湖面から随分、高い所を走っています
ダムとダム湖が出来る前は、この道はもっと低い所を走っていた筈。

ずっと先に、次のダムのアーチが見えます

161030111222a2.jpg
161030111222
「安曇3ダム」の最も上流側にある「奈川渡(なかわど)ダム」

地図を見ると、ダムの突堤は標高988m・・・
ちょっと階段を上がれば標高1000mですね

161030111803a2.jpg
161030111803
入口がひとつ、出口がふたつある「入山隧道」を抜けると、ダムの突堤上です
・・・突堤上が国道になっているのは珍しいそうです

161030112040a2.jpg
161030112040
ダム堤を渡り、バスの左側にダム湖が伸びていきます・・・「梓湖」です
湖面に陽射しが当り、何となく、夕方のような雰囲気ですが
まだ11時台・・・午前中です

161030112547a2.jpg

161030112547
路線バスですが、ガイドさんが乗車
「親子滝」が見えるとか、見えないとかのアナウンス

撮ってみたけど、これが親子滝なのかどうか不明

161030113731a2.jpg
161030113731
マイカー規制の上高地への乗継地点「沢渡(さわんど)」を過ぎ
「栂桜橋(つがざくらばし)」(標高約1080m)を渡ります

紅葉が良い感じになってきました~

川沿いに石積みが見えます・・・昔の国道のようです
梓川に沿っていた悪道も新たに多くのトンネル、橋に切り替えられて
快適・安全な道になりつつあります

161030114554a2.jpg
161030114554
「釜トンネル」、新しく開通した「上高地トンネル」を抜けると上高地

161030115600a2.jpg
161030115600
予定より4分早く、「上高地バスターミナル」に到着・・・道が空いてたのかな

路線バス以外に、多くの観光バスが停車しています
バスでの上高地の日曜日は、この日を含めてあと3回

今年ラストの上高地を楽しむ人が沢山、訪れているのでしょうね

訪問日:2016年10月30日~11月1日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.11.10 


Secret