サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
河童橋に戻ります
161030133704a2.jpg
161030133704
青空に映える「明神岳」です
1時間程前は空全体が雲に覆われていたのが、嘘のよう

復路は、梓川の右岸側の散策路を歩いて行きます

161030134010a2.jpg
161030134010
午後の陽射しが当たる「六百山」(2470m)の斜面に紅葉したカラマツが・・・

「六百山」は梓川を挟んで、対岸に位置しています

161030134524a2.jpg
161030134524
右岸側の散策路は、明神池からの流れと平行するので、木道部が多くなっています

161030134550a2.jpg

161030134550
振り返れば「明神岳」(2931m)の岩壁が連なります

161030135446a2.jpg

161030135446
崖下を流れるのは「梓川」

161030140446a2.jpg
161030140446
標高1520m付近の紅葉は終盤?

161030140603a2.jpg
161030140603
「焼岳」(2455m)の姿が見えてきました

頂上部に、僅かながら噴煙が見えています

161030141358a2.jpg
161030141358
穂高の岳沢からの沢水は水量豊富

161030142021a2.jpg
161030142021
「明神池」から「河童橋」までは3.5km

161030142041a2.jpg

161030142041
「岳沢湿原」が広がります
遠くに見えるのは「霞沢岳」(2646m)の山稜

161030142358a2.jpg
161030142358
振り返ると「六百山」(2470m)

この山には登山道は無いそうです

161030142546a2.jpg
161030142546
「穂高」の吊り尾根が見えてくると、まもなく「河童橋」に到着です

161030143554a2.jpg
161030143554
2時間前はこんなでした

161030143930a2.jpg
161030143930
案内板に出ている山が全て見えます

訪問日:2016年10月30日~11月1日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.11.13 


Secret