サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
宿に着きました
161030154502a2.jpg
161030154502
宿の送迎車を降ります

左の斜面は焼岳(2455m)、右の斜面は霞沢岳(2646m)
その間に穂高連峰が望めます

真正面に、前穂高岳(3090m)、
左へ吊尾根を経て、奥穂高岳(3190m)がくっきりと・・・良いお天気です

161030154517a2.jpg 161030154517
今回で3度目の宿泊・・・「中の湯温泉旅館」です

標高1520~30m台の斜面に立つ一軒家の宿

161030160200a2.jpg
161030160200
玄関入り口のスロープ上・・・位置をずらすと
前穂岳と明神岳(2931m)が正面に。

161030160618a2.jpg
161030160618
大きな窓のロビー

チェックインと共に、夕食時間の希望と明日の送迎の打ち合わせ

送迎バスの出発時刻が8時半のつもりでいたのですが、8時と9時発でした。
乗り継ぐ予定のバス時刻と照らし合わせる必要があるので、一旦保留に。

161030160051a2.jpg
161030160051
4時を廻って、西日が当たる穂高連峰

手前の焼岳中腹は陰ってきています

161030155620a2.jpg

161030155620
案内された部屋は1階の6畳間・・・洗面所兼トイレが付きます

冷房はなく、暖房のみ

161030160456a2.jpg
161030160456
1階と言っても、先ほどのロビーのある本館ではなく
斜面を一段上がった位置にある「穂高」と名付けられた棟で
本館の屋根越しに穂高連峰が望めます

161030185616a2.jpg
161030185616
本日のお品書き・・・本館1階にある食堂で夕食です

夕食は6時と6時半の選択ですが、お腹が空いていたので6時でお願いしました

そう言えば、お昼は岩魚1匹と冷酒だけでした

161030175947a2.jpg
161030175947
お品書き中の「先付け」、「煮物」、「お造り」、「蒸し物」、「香の物」が並びます

今回は「一人旅」プランなので、テーブルには一人(相席はありません)
夕食には、グラスワイン、グラスビール、ソフトドリンクのいずれかが付きます
勿論、グラスビールを・・・

順次、「焼き物」、「温物」、「しのぎ」を戴きます
更にグラスビールをお代わり(これは勿論、有料)

飲み終わってから「御飯と吸い物」。夜、お米を食べるのは久しぶり

最後に「水物」を戴いて・・・ご馳走様でした、お腹一杯です

161030183749a2.jpg
161030183749
フロントと売店

無線LAN対応という事で、今回もノートPCを持参したのですが・・・
客室内では無理、ロビーでもかなり遅い速度で、諦めました

で、スマホ(au)も客室内では圏外(ロビーでは通じます)
久しぶりにネットと隔絶された生活です

161030183807a2.jpg
161030183807
玄関部・・・正面奥に食堂と宴会場があります

翌日の予定・・・若旦那さんがバス時刻に合わせて「送迎車を出しますよ」と
仰ってくださいましたが、さすがにそれは悪いので、8時発の上高地BT行きの送迎車に乗車
適当に時間を潰して、大正池9時37分発の路線バスに乗る事にします

それを若旦那さんに伝えると、BTから大正池まで1時間ちょっとでは難しい・・・と。
う~ん、どうしよう

161030184157a2.jpg
161030184157
玄関脇にある温度計・・・夜7時前で3度

この場所にしては暖かい夜です

161030185555a2.jpg
161030185555
部屋飲みを始めます

朝、松本駅前で買ったハイボール缶
これで足りなかったら宿の自販機にある「氷結」です

161030204735a2.jpg
161030204735
部屋に冷蔵庫はありません
でも、窓際に置いておくと、小一時間でキンキンと冷えてきます

訪問日:2016年10月30日~11月1日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.11.18 


Secret