サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「バスツアー」のトップ記事は
こちら
茨城県へ
161126074707a2.jpg
161126074707
バスはレインボーブリッジを渡り、有明、辰巳の埋立地を走ります
北の方に、東京スカイツリーが見えてきました

首都高速湾岸線から9号深川線に入ります
その分岐「辰巳ジャンクション」手前では若干の渋滞・・・
休日の定番、ディズニー渋滞だそうです

北の方、低い位置に雲があるのが気になりますが、上空は快晴

161126075952a2.jpg 161126075952
箱崎ジャンクションで6号向島線に移り、「隅田川」沿いに北上
堀切付近で「荒川」を渡ります・・・橋を渡り、首都高中央環状線を少しだけ通り、6号三郷線へ。

今回の目的地は、茨城県の奥久慈にある名所3箇所

161126081614a2.jpg
161126081614
埼玉県八潮市をちょこっと通り、「中川」を渡ると三郷市
三郷ICから常磐自動車道に入ります

河川敷にゴルフ場が広がる「江戸川」を渡ると、流山市・・・
渋滞も無く、スイスイと走って行きます

奥久慈と言えば「袋田の滝」が全国的にも有名ですね
でも、今回が初めての訪問


161126082156a2.jpg
161126082156
浜松町BTを出て約50分・・・「利根川」を渡ると、茨城県守谷市

川の写真ばっかりです・・・他は防音壁とかで視界があまり良くないのです

以前からプランを練ってはいました。が・・・

161126082600a2.jpg
161126082600
つくばみらい市を走行中・・・「小貝川」を渡る頃、筑波山が見えてきます

これまで渡った「中川」、「江戸川」、それと「小貝川」は利根川水系
もしくは別流なのだそうです
日本一の長さは信濃川ですが、日本一の流域面積は「利根川」なのですね

最寄りのJR水郡線「袋田」駅へは約1時間間隔で、水戸から1時間10分程ですが
袋田駅からのバスが1日4本と数少なく・・・


161126085435a2.jpg
161126085435
「1A」席からの眺め・・・添乗員さん用のマイクコードが鬱陶しいですね
前面展望は、「1B」か「1C」席が良さそう

合わせて、龍神大吊橋を巡りたくても、同様にバス本数が少なくて
旅行の大半がバス時刻待ちに費やされそうな雰囲気


161126090512a2.jpg
161126090512
浜松町BTから約1時間半・・・最初のトイレ休憩は「友部SA」

茨城県笠間市・・・あと1kmも走れば水戸市という位置です

そこで、選んだのがバスツアーでした

161126090919a2.jpg
161126090919
今回、乗車したバス
「TEISAN」・・・帝産観光バスさんです

奥久慈方面へは、多々ある旅行会社で企画されていますが
今回、選んだのは「はとバス」の企画
「常陸路 紅葉三名所 花貫・龍神・袋田めぐり」でした


161126093122a2.jpg
161126093122
「那珂川」を渡ります・・・下流を辿ると、水戸市内

那珂川は利根川水系とは関係なく、本流・・・那須岳が水源

161126094121a2.jpg
161126094121
「久慈川」を渡ります
この辺りは、日立市と常陸太田市が入り組んだ地域

今日、訪れる「龍神大吊橋」の龍神川、「袋田の滝」の滝川、どちらも「久慈川」の支流
・・・この川の上流にあるって事ですね

161126095348a2.jpg
161126095348
車窓右側に真っ青な太平洋が広がります
広がるのは「日立」市街

前日、訪れた「日立駅」でも、こんなお天気だったら良かったのですが・・・。

161126101343a2.jpg
161126101343
「高萩IC」で常磐自動車道を降り、下道で逆戻り・・・国道461号に入ります

見えてきたダムは「花貫ダム」・・・標高170mほどに位置しています
このダムの特徴は、海が見える・・・事だそうです

海岸から10kmほどで下流側が開けているからで、
小さなダムながら、人気があるそうですよ

この国道461号は日立市と栃木県日光市を結んでいるとか
沿道には、花貫渓谷、竜神峡、袋田の滝、袋田温泉、大田原城・・・と観光地が多いですね

161126101855a2.jpg
161126101855
「浜松町BT」から約2時間45分・・・最初の目的地「花貫渓谷」に到着です

hato.jpg 今回巡る3箇所は、こんな位置関係です

訪問日:2016年11月26日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.12.01 


Secret