サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
夕食です
161031180022a2.jpg
161031180022
「中の湯温泉旅館」2泊目の夕食
勿論、宿泊プラン特典のグラスビールが付いています

岩魚等、素材が同じ物もありますが、1泊目とは異なる調理法ですね

他のテーブルを見ると、前の晩と同じメニューも・・・
1泊目のお客さんのようです

3泊すると、どういうふうに変化するのか、ちょっと興味

161204115211a2.jpg 161204115211
「お品書き」です
右下に「2」の表示・・・2泊目という意味かな?

161031180633a2.jpg
161031180633
前の晩は「塩焼き」でした
これは・・・味噌蒸しとなっています

身をほぐすと、はらわたが取り除かれ、お味噌が詰めてあります
骨も取ってあって、食べやすいし、美味しいですね~

161031180639a2.jpg
161031180639
お鍋は「豚みそ鍋」

これだけでお腹一杯になります

161031182757a2.jpg
161031182757
食堂の様子・・・夕食は6時と6時半のどちらかを選択

団体客用にお隣に大広間も有ります

161031183248a2.jpg
161031183248
松茸が入ったお吸い物とご飯を戴いた後、デザートのオレンジ

ご馳走様でした

161031203455a2.jpg
161031203455
前夜に続き、部屋飲みです

今夜のハイボール缶とおつまみは、河童橋端の土産物屋さんで仕入れました
上高地だけど、ほぼ定価です
わざわざ松本から持ってこなくても良かったかも

161101052533a2.jpg
161101052533
5時過ぎ・・・朝風呂です

先客が居て、出て行かれてからの写真
残念ながら、雨が降っていて、露天風呂はパスでした

161101052726a2.jpg
161101052726
「長野県温泉協会」の表示マーク

成分表を見ると「単純硫黄温泉」、源泉は53.5度となっています

この「中の湯温泉旅館」は、「日本秘湯を守る会」の会員宿になっています

訪問日:2016年10月30日~11月1日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.12.08 


Secret