170105083601a2.jpg
170105083601
勤務先の最寄り駅(東京メトロ「神楽坂」駅)そばにある「赤城神社」です

長年、地元の神社として朝、この鳥居の前で一礼して
通勤される姿もよく見かけます
また、「神楽坂」の人気と共に、昼間は観光客の姿も多く見るようになりました

毎朝、この境内を歩いて、勤務先に向います

170105083634a2.jpg
170105083634
石段の先に見えるのが「拝殿」、右に「御神木」

4日にも、ちょこっと仕事がありましたが、仕事始めは一応、5日でした


170105083656a2.jpg
170105083656
神社の背後は急な崖となっているので、空が広がって見えます

但し、この向きは北
更に東側にマンション(多分、神社所有)があって、朝早い内は陽射しが届きません

170105083717a2.jpg 
170105083717
拝殿の手前にある「螢雪天神」

170105083739a2.jpg
170105083739
「拝殿」
早朝から多くの人が出てきました
会社関係の方がお祓いを受けていたようです
日陰で人物の顔が判らない状況・・・修正要らずで手間が省けました

平成22年に「再生プロジェクト」が完了したばかり・・・
近代的な装いになっています

170105083804a2.jpg
170105083804
「八耳神社」「出世稲荷神社」「東照宮」への参道の上に
「螢雪天神」のお社があります・・・空中にある、珍しい構造です

170105083834a2.jpg 
170105083834
「観音菩薩」

お賽銭箱が鎖で結わいつけられているのが
そんなご時世なのかな、って思ってしまいますね

170105083851a2.jpg
170105083851
謂れ・・・です

170105083928a2.jpg

170105083928
「出世稲荷神社」「八耳神社」「東照宮(葵神社)」のお社

左に立つのはイチョウの木
黄色く染まった葉はすっかり落ちてしまいました
少し前まで、しっかり香る銀杏の実がたっぷり落下していました

170105083943a2.jpg 
170105083943
「子育て狐」の子狐の顔が壊れています
色合いから最近の事ではなさそう・・・戦災によるものかも

「出世稲荷」・・・こちらはサラリーマンのお参りが多い所

170105083503a2.jpg

170105083503
「早稲田通り」に面した東京メトロ東西線「神楽坂駅」の神楽坂方面出口

開業は1964年、2015年の乗降客は1日4万人

170105083533a2.jpg

170105083533
駅出口を左折するとすぐにあるT字路
左に曲がった、その先に「赤城神社」の鳥居が見えます

その手前左に工事中なのが・・・

170105083551a2.jpg
170105083551
「神楽坂」駅、新駅舎です

狭い通りの下にある神楽坂駅ホームは単線2層式になっていて
大手町方面ホームは地下3階になります

ホームから地下1階の改札口までは上りエスカレーターはありますが、
エレベーター等、地上までのバリアフリー施設は未設置なので
新たに建設している模様です

完成予定は・・・来年みたいです

駅舎完成で大宣伝するのかな・・・
賑わうのは良いかもしれませんが、観光客用のお店が増えて
一般サラリーマンがランチ出来るお店がどんどん減っている現状

ファストフード店ばかりで食べてます

撮影日:2017年1月5日
関連記事
スポンサーサイト

2017.01.06 


Secret