サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています


170107075431a2.jpg

170107075431
朝7時50分、気温1.2度・・・野良ネコも丸くなります

170107083227a2.jpg 170107083227
JR品川駅・・・コンコースは天井が高くて開放感がありますね

今日は駅がJR線に隣接している「京浜急行」で向かいます
プランでは8時58分発の快速特急「三崎口」行きでしたが、
貧乏性で早く出立したので、20分前の「久里浜」行きに乗車出来ちゃう

利用するのは、「三浦半島1Dayきっぷ」(1920円)
通常の「品川-三崎口」(IC)で1852円と大差ありませんが
その後のバス乗車で多分、お得になる・・・筈

170107083708a2.jpg
170107083708
このブログ記事では初登場かも・・・「京浜急行」

この38分発の快速特急は京成電鉄線「成田空港」発
予定していた、「58分」発も同じく京成電鉄線「京成高砂」発
都営地下鉄と京成電鉄の3社乗入れが可能な車両です

でも、「快速特急」と聞けば、あの車両を期待してしまうのですよね

170107084205a2.jpg 170107084205
2分遅れで「品川」駅を発車・・・「快特」で初っ端から2分遅れは運転士さんには厳しい

「品川」駅から連続カーブを低速で通過した後・・・
発車から3分ほどで、速度計は「120km/h」を指しています

関東では京急の速度は評判なのです
制限箇所が多いのですが、こまめに100km/h越えの運転が人気

170107084745a2.jpg
170107084745
多摩川を渡ります・・・ここから神奈川県
速度計は110km/hに減速、間もなく「京急川崎」駅に停車します

「品川-横浜」間はJR線との競合区間
飛ばせる箇所は飛ばしますが、土曜でも朝8時台は1時間に18本と過密な運行本数
先行列車に追いついてしまって、「京急鶴見」駅は100km/hちょっとで通過

170107085714a2.jpg
170107085714
「横浜」駅から先は急カーブの連続でゆっくりと・・・。

通過する朽ちたホームの跡、旧「平沼」駅です
1945年4月、5月の空襲で被害を受けた駅

ホームの撤去が出来ないのは、高架橋と一体化した構造なのだからそうです

170107085822a2.jpg
170107085822
横浜と言うと港町だし、関東平野の中にあると思われがちですが
神奈川県の海沿いは丘陵や崖の連続で、断続的に勾配やトンネルが続きます

横浜から久里浜まで20数か所のトンネルが存在

170107093133a2.jpg
170107093133
終点の「京急久里浜」駅に1分遅れで到着します
乗継の「三崎口」行きの電車が停車中

170107093213a2.jpg
170107093213
接続していたのは、乗ってきたのと同じ「快速特急」???
この辺り、終着の「三崎口」駅まで優等列車の区別はなく、全て各駅停車なのに???

時刻表を見ると、品川駅を10分前に発車した「快速特急」です
この「京急久里浜」駅で10分間停車して、後続の「快速特急」の到着を待つダイヤです
最優等列車の「快速特急」が接続待ちをするって、不思議な感じ

ただ、この「快速特急」は「品川」駅が始発、と言う事は・・・

170107093239a2.jpg
170107093239
有料車両のような車内設備なのです・・・
転換クロスシートにカーテン付きで特別料金無し

この車両は都営地下鉄には乗入れません
品川(または泉岳寺)発着の快速特急に使用されています

同じ運賃だったら、こちらに乗りたくなりますよね

海岸から離れた所を走りますが、「津久井浜」駅付近からは
時々、がチラチラ・・・遠くには、房総半島もうっすらと

振り返ると反対側の窓からは富士山
(反対側の窓景色が映りこんでしまっています

170107094532a2.jpg
170107094532
「品川」から約1時間、「三崎口」駅に到着しました

この後、バスに乗ります

訪問日:2017年1月7日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.01.10 


Secret