サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「混む前に」のトップ記事は
こちら

170107094730a2.jpg
170107094730
快晴の京急「三崎口」駅です・・・神奈川県三浦市にあります
三浦半島の南端側に位置しますが、標高は40~50mとかなり高いです
大昔、三浦半島を自転車で走った際、坂の連続に泣かされました

プレートの影響で隆起して出来た半島で、今でも隆起が続いているとか
・・・何億年後には、標高1000m越えって可能性も有り?

ここから乗車するバスは「城ケ崎」行きです

170107100551a2.jpg 170107100551
20分ほど待ち、「城ケ島」行きバスがやってきました(10時9分発)

三崎口駅には早く到着しましたが、バスはプラン通り
1時間に1~2本の運行です

170107101038a2.jpg
170107101038
でも、寒い中でずっとバス停で待っていた分、先頭の座席に着席

実は、待っている間、後から到着した電車から20数人の
元気な高齢者の団体ハイカーが到着
更に一般観光客も並び、大行列となっていました・・・
プラン通りの到着だったら、満員状態で写真を撮る余裕もなかった筈

170107102413a2.jpg
170107102413
満員の乗客を乗せて、起伏の多い道を15分ほど走った後、
急坂を下ると漁船が係留された海が見えてきます

マグロで有名な「三崎漁港」です

170107102559a2.jpg
170107102559
凸凹した入り江を抜けると、右側に橋の姿・・・「城ケ島大橋」のようです
港に沿ってぐるっと廻った後、左折して高台に上り出します

プランでは終点手前の「白秋碑前」で降車して、一旦、島の東端へ向かった後
逆戻りする形で西端へ、のつもりでした

午前中は太陽が東側に位置するので、終点から東へ向かうと、ずっと逆光
でも東から西へ向かうなら順光の下、
西から東へ向かうお昼過ぎも順光の下で、という予定でした

170107103018a2.jpg
170107103018
「城ケ島大橋」は有料のようです・・・路線バスは往復で200円
夜間は料金徴収が無いみたい・・・夜は無料なのでしょうか



でも、先ほどの電車の中から見えた富士山の姿
午後になると、霞んでしまう可能性が・・・順光を取るか、富士山を取るか・・・

170107103053a2.jpg
170107103053
HPによると、橋の高さは16~23.5m・・・となっています

橋中央部が23.5m、両端が16mって事?
遠目に見て、そんなに高低差が判りませんね~

で、長さは575m、だそうです

サイクリングの方の姿も見えますが、標高0mの海沿いから
上がってくるとなると、結構、しんどい筈

170107103119a2.jpg
170107103119
快晴で気持ちが良いです
島へ向かう時の左側の車窓は南東方向になります

となると、遠くにうっすらと見えるのは千葉県・房総半島のようですね

170107103308a2.jpg
170107103308
まず「富士山を見る」事を選択・・・島巡りは西側から東へ
移動する事にしました

橋を降りて右にループする形で「白秋碑前」に停車後、
乗車したバスは終点の「城ケ島」へ向かいます

訪問日:2017年1月7日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.01.11 


Secret