170128102152a2.jpg
170128102152
1月に咲いちゃったネモフィラ

昨年7月に応募して、落選
次はいつかな?と・・・偶然、
募集を見つけて早速、応募

超低速スノータートルin雪国
新潟県の上越国境・六日町駅から日本海に面する犀潟(さいがた)駅を結ぶ
「北越急行 ほくほく線」

以前は、上越新幹線と特急列車の接続により
首都圏と北陸を結ぶ最短路線として有名でしたが、
北陸新幹線の金沢開通と共に、特急が全廃となってしまいました

そのほくほく線が企画したのが「超低速スノータートル」
国内在来線での最高速度160km/hの列車が走った高速路線を
超低速で走行する列車です

140207090105a2.jpg
140207090105
2014年2月に乗車した「ほくほく線・普通電車」(越後湯沢駅)

「各駅停車」でも最速49分(六日町~犀潟:59.5km)と高速です

その区間を4時間かけて運転したのが「第1回 超低速スノータートル」(2015.11.7.実施)

途中のトンネル内見学と風圧体験を加えた「第2回 超低速スノータートル」(2016.8.28.実施)


150307
2015年3月に訪れた時のものです・・・
ほくほく線「赤倉トンネル」内にある「美佐島」駅

160km/h通過する特急電車の風切り音がファンの間では有名な駅でした
(コンパクトデジカメで撮影)

0:01・・・特急電車は既にトンネル(写真右側から)に入っています
(音はその風圧)
0:43・・・複線区間の信号所に進入。風圧が一旦、弱まります
0:59・・・信号所を通過。再び単線に入り、風圧が高まります 
1:14・・・列車接近の「通常のアナウンス」が始まります    
1:53・・・列車接近の「危ない!」で始まるアナウンス開始   
2:06・・・「ほくたか18」号が通過。風切り音が響きます    
3:16・・・風切り音が止みます。電車がトンネルを抜けた?  

akakuraT.jpg
 第2回目での「風圧体験」は、これに似た体験をしたものだと・・・

で、第3回の「超低速スノータートル」は、途中の「まつだい駅」で除雪、トンネル体験に
加えて、露天風呂入浴と多少、観光色が加味されたプラン

募集人員は50名ですが、募集開始2日後に50名越え・・・
抽選となる事が決定してしまいました

前回は締め切りの3日後に、薄~い封筒が到着しました
(落選通知1枚だけなので

前回同様の抽選ならば・・・
締切が26日なので、今日(休みだから月曜かな)辺り届くのかも

是非、厚い封筒が届いて欲しいです

関連記事
スポンサーサイト

2017.01.29 


Secret