サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・蔵王」のトップ記事は
こちら

170204160643a2.jpg
170204160643
山形鉄道「宮内」駅から、ロープウェイ「蔵王山麓」駅までは
道のりで約37km、1時間の行程(との事)

国道13号で山形市に入って間もなく、右折し「蔵王ライン」に入ります
少しずつ、坂を上がって行くと、周囲の山々とは異なった山の姿が広がってきます

まだ低い位置なので、樹氷ではなく、霧氷?それとも普通に雪が積もった森?
でも、その景色がかなり高い所まで望めます

地元のバスガイドさんですが・・・
「すごい景色、綺麗に見えてますね~」と感嘆の声
ここまで見通せるのは珍しいそうです

170204161400a2.jpg 170204161400
正面に、道路を跨いで大きな鳥居・・・「一の鳥居」だそうです
この辺りで、標高は260mくらい
バスを降りる「蔵王山麓」駅が、標高854mなので、まだまだ上ります

170204161426a2.jpg
170204161426
周囲は雲が広がっていますが、上空には青空が見えます
この時期の夕方近くに青空が見えるのは珍しい事だと(バスガイドさん談)

170204161506a2.jpg
170204161506
山形盆地を隔てて、北西の方角に見える山塊
「出羽三山」がある山並みだそうです

「月山」(1984m)、「湯殿山」(1500m)、
「羽黒山」(414m:ひとつだけ低い山なのですね)の総称

昔、「湯殿山麓呪い村」って映画があったからか
何となく怖い所とのイメージが強い場所です

170204162439a2.jpg
170204162439
標高700mを越えた辺りまで上がってきました

正面の山は蔵王の山並みでしょうか?
左に伸びる山稜もよく見えています
(写真上部の青色は、バス正面窓の色付き部です)

170204162444a2.jpg
170204162444
正面やや右の山の上部に、ロープウェイの鉄塔のような施設が見えます

それにそって伐採されてて・・・あの伐採されたラインの下に
蔵王ロープウェイの「蔵王山麓」駅があるのかも・・・もう少しです

170204162609a2.jpg
170204162609
青い標識・・・左が「蔵王温泉」、右が「上山」
「上山」は麓の「上山市」、そちらからもここまで来る事が出来るのですね

米沢側から来るとそちらの方が近い感じだけど・・・
大型バスが通るには狭いのかもしれません

170204163125a2.jpg
170204163125
夕方、4時半、ロープウェイの「蔵王山麓」駅に到着しました
上空は青空が広がっています

ここからは個々で上にあがって、樹氷見学となります

添乗員さんの話では、ロープウェイを2回乗り継いで、
「地蔵山頂」駅まで待ち時間を含めて、片道約30分はみて欲しいと・・・。

バスの発車時刻は18時半・・・2時間のフリータイム
頂上には約1時間の滞在の計算となりますね

170204163552a2.jpg
170204163552
ひとつめのロープウェイ「山麓線」でゴンドラの到着を待ちます

定員53名乗りの2つのゴンドラの交互運転となっています

訪問日:2017年2月4~5日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.02.17 


Secret