サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・蔵王」のトップ記事は
こちら

170204164112a2.jpg
170204164112
いよいよロープウェイに乗車します
ゴンドラの定員は53人・・・見た感じ、そんなに入るのでしょうか?

地図を見ると、
山形県側の蔵王山麓には4本のロープウェイ路線が表示されます

北寄りの2本・・・「蔵王スカイケーブル」、「蔵王中央ロープウェイ」の
終端部には多くのゲレンデが開かれているので、スキー場利用客が主?

これから乗車する「蔵王ロープウェイ」は、冬場にはスキーよりも
樹氷目的に観光客が多いようです

170204164448a2.jpg
170204164448
終点となる「地蔵山」(1736m)頂上近くの「地蔵山頂」駅(1661m)までは
2本のロープウェイを乗り継いで行きます

1本目の「山麓線」は全長1734m、高低差464mを7分で結びます
ケーブルカーのような、2台のゴンドラが交互に上下する複線交走式での運転

170204164557a2.jpg
170204164557
ギュウギュウの車内ですが、前面左側の窓側を確保
これから進む先が見通せます

170204164610a2.jpg
170204164610
視界は良いのですが、所々、窓に付いた雪?氷?が滲んでますね

170204164643a2.jpg

170204164643
雪が付いた樹木に夕陽が当たっています

西側斜面なので、午前中は日陰の筈、限られた時間だけの光景ですね

170204164730a2.jpg
170204164730
正面に見えるのが乗り換えとなる「樹氷高原」駅でしょうか・・・。
そこから左側に、支柱が2本見えます

次に乗る「山頂」線の施設のようです

170204164801a2.jpg
170204164801
雲と同じくらいの高さ?・・・雲の上に青空が広がっています

雪にまとわれた森が、羊毛みたい
その上にゴンドラの影が映っています

170204164837a2.jpg

170204164837
「樹氷高原」駅が近づいて来ます

170204164848a2.jpg
170204164848
標高は1300mを越えた辺り

翌日の宮城蔵王での「雪上車」体験時・・・
ガイドのお兄さん談ですが、前の日(この日の事)、樹氷が夕陽に染まったそうです
1シーズンで見る事が出来るか、出来ないかという程、貴重なシーンだとか

これらのシーン・・・もしかしたら、それを見る事が出来たって事でしょうか?

170204164936a2.jpg

170204164936
凍り付いたコンクリートに、更に雪が付いて、冷凍庫内部のように見える駅舎
常に強風に晒されているからでしょうね

170204164950a2.jpg
170204164950
駅到着寸前です・・・細い枝先までびっしり雪まみれ~

170204165130a2.jpg

170204165130
麓の「蔵王山麓」駅は判りませんが、温泉街が広がっていますね

時間が経つにつれ、下の方から夕闇が迫ってきています
駅舎内の階段も凍っていて、要注意

170204165233a2.jpg
170204165233
一旦、屋外に出て、「山頂」線の駅へ向かいます。

その道すがら、外国人観光客が記念撮影中
雪を見る機会が少ない国かな?
大はしゃぎです

訪問日:2017年2月4~5日
つづく

18~19日は1泊で外出しております。
お伺い、お返事等は遅れる事、ご了承ください
関連記事
スポンサーサイト

2017.02.19 


Secret