170202164725a2.jpg 170202164725
写真と記事内容は一切、リンクしておりません
使う機会が無くて、しまってあった物を引っ張り出してきただけです

今日、1泊2日予定で、会津方面へ出かけてきます
一応、「雪見の旅」第2弾ってつもり・・・。

会津へは、一昨年から3年連続となります

初めて会津を訪れた学生時代はJR経由でしたが、
ここ最近は、私鉄を利用しての旅になっています

郡山駅まで新幹線、そして磐越西線快速の利用だと
上野駅から会津若松駅まで約2時間46分(片道8550円)

それを、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道、JR線と4路線を経由・・・でも、
北千住駅から鬼怒川温泉駅まで快速電車
鬼怒川温泉駅から会津若松駅まで快速ディーゼルカー、と
乗り換えは1回で済みます
(それぞれが他社線に乗り入れしているので)

但し、所要時間は4時間41分と倍近くかかります
(フリー切符利用で喜多方駅との往復6980円)

170202180832a2.jpg170202180832
新玉スライス

わざわざ長い時間をかけて訪れるのは、足代の安さもありますが
やはり、雪国らしい車窓を楽しめる事。

途中、トンネルも多いですが、
ダム湖、渓谷、雪原、山並みの景色がなかなか、なのです

また、快速列車、普通列車と言っても、レベルの高い車内設備
特に、会津鉄道の快速(普通列車にも使用されます)は
JR特急並みだし、普通列車も快適な車両

機会があれば、是非、ご乗車を・・・とお奨めしたくなる路線、車両です

170202183643a2.jpg
170202183643
赤魚の粕漬け焼き

3年連続の会津への旅ですが、
これまでのメイン目的は、「なかやま雪月火」のイベントでした

一昨年、初めて訪れた時は
昼間は快晴の下、良い感じに雪に覆われた大内宿を廻った後、
雪深い「なかやま雪月火」会場に・・・
真っ暗な雪原の中、ミニかまくらに灯されたロウソクの灯りが幻想的に見える
・・・筈だったのですが、滞在時刻のプランニングにミス

宿泊地の会津若松への列車との接続に余裕を持たせすぎて
真っ暗になる前、薄暮の状態で会場を立ち去ざるを得ませんでした

で、リベンジの昨年
宿は、会場のある最寄り駅(湯野上温泉)近くに確保
移動を心配する必要ななくなったのですが・・・暖冬で雪不足

雪月火会場も2/3程度に縮小された上、雪ではなく雨が降る始末
宿泊した宿のご主人も、この時期の雨って初めての体験だと

で、今回ですが・・・
宿は会津若松ですが、雪月花会場最寄り駅からは
最終列車の乗車にして、会場の滞在時間を確保

更に今まで訪れる事の出来なかった「喜多方」でラーメンを食す事も実現
(前回、会津ラーメンは2回食べました)

でも、少ない列車本数、空いた列車間隔の悪条件で「喜多方滞在」は
初日は昼間の1時間25分、翌日は朝の1時間31分だけ

お店への移動時間と待ち時間を考慮すると、喜多方の町巡りは一切企画せず

今回の「会津」行は
ひたすら乗り鉄と、なかやま雪月火、喜多方ラーメン・・・だけの旅となります

天気予報は1日中、「氷点下」だとか・・・「雪見」にはベストとなりそう

今日・明日のお伺い、お返事等は遅れる事、ご了承ください

関連記事
スポンサーサイト

2017.02.18 


Secret