サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・蔵王」のトップ記事は
こちら

170204170714a2.jpg
170204170714
標高1661m、ロープウェイ「地蔵山頂」駅
駅舎の周囲には分厚く雪に覆われた樹氷が立っています

夕方5時過ぎ・・・麓だと薄暗くなる時間帯ですが、
標高が高い山上では、まだ陽射しが残っています

170204170916a2.jpg
170204170916
上空に半月が浮かんでいます

強い風が逆に幸い?・・・雲を飛ばしてくれているのかも

170204170955a2.jpg
170204170955
既にライトアップ用の照明が点灯されていますが
空には太陽の光が残っていて、っぽくない状態ですね

170204171027a2.jpg
170204171027
巨大な宇宙生物が眠っているかのようにも思える樹氷
その上には月の姿が・・・。

樹氷とお月さまの光景って、珍しいのかな?って思ったりしますが
初めての訪問なのでよく判りません

170204171149a2.jpg
170204171149
薄暮の明かりとライトアップ照明の灯が半々に当たった樹氷群

170204171450a2.jpg
170204171450
真正面上方は多分、「地蔵山」(1736m)の頂上???

強風のお陰?で見通せています

170204171804a2.jpg
170204171804
うっすらとライトアップ照明が当たっているのが判ってきています

この日、気温は氷点下7度位とかなり暖かいのですが
風が強くて・・・風速15~20mだとか。

体感温度は、氷点下20度以下、だそうです

170204171832a2.jpg
170204171832
西の方はまだ明るいです

頭にはキャップ、耳、口、首はネックウォーマーで覆っているので大丈夫ですが
カメラを持つ手は剥き出しのまま・・・寒いというより、痛さを感じ始めています

170204171951a2.jpg
170204171951
駅舎北側の斜面・・・薄暗くなるに連れ、ライトの光が目立ってきています

駅舎屋上の展望台からの光景ですが、ここが最も強風を受ける場所
カメラを構えようとする手が風に持って行かれます

170204171953a2.jpg
170204171953
強風で下の方から雲が巻き上げられています

170204172001a2h.jpg

170204172001h
ここでコンパクトデジカメのバッテリーが急激に低下
この写真を最後に起動しなくなりました

取り急ぎ、バッグの中に携帯していた充電器に接続

170204172020a2.jpg

170204172020
コンデジが使えなくなったので、撮影はデジタル一眼とスマホにて・・・。

ライトが当たると、樹氷に付着した雪の模様がよく判りますね

170204172028a2x.jpg
170204172028x
この辺りから、スマホのバッテリー残が急激に減少

iPhoneのバッテリーは寒さで減少が早まるとの話は聞いた事がありましたが
アンドロイドも?

170204172320a2.jpg
170204172320
地蔵山山頂部がまだ見えていますね

山の輪郭もよく判ります

170204172346a2.jpg

170204172346
お月さまも・・・

170204172436a2.jpg
170204172436
強風のためか、駅舎付近以外はロープで閉鎖

あそこに人が居るのは?
監視員の人に尋ねると、TV撮影のクルーだそうです

170204172512a2x.jpg

170204172512x
この写真を撮った後、バッテリー残10%の注意画面が出て
そのままスマホが停止

起動ボタンを押しても、ウンともスンとも反応無し

バッグの中の充電器に接続・・・充電を試みますが、一切、起動せず
残った撮影機材は、デジタル一眼のみ・・・

結局、旅行中、スマホは再生しませんでした

訪問日:2017年2月4~5日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.02.21 


Secret