サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・会津」のトップ記事は
こちら

170218134707a2.jpg
170218134707
JR磐越西線「喜多方」駅
始発なら電車の可能性もありましたが、新潟県「新津」駅始発、と言う事で
ディーゼルカーです・・・「新潟色」という塗装を見るのも久しぶり

このディーゼルカーで「会津若松」まで向かいます

不思議なのは、「普通」なのに途中駅4つを通過・・・
普通列車が通過する駅って、よほど利用者が少ないのでしょうか?
それとも2両編成だとホーム長が足りない・・・とか?

170218135013a2.jpg 170218135013
よく晴れています・・・会津鉄道線の時の雪空が嘘みたい
陽射しに照らされた雪面も真っ白で綺麗です

残念なのは、「会津磐梯山」(1816m)方面の頂上部だけ雲の中・・・

170218135403a2.jpg
170218135403
2両編成の車内、土曜日の午後ですが、適度に混んでいます

座席は1列+2列のクロスシート、ドア部分はロングシートのセミクロス車・・・
1+2のクロスはラッシュ対策かな?
朝ラッシュ時はかなり混むのかもしれませんね

170218140019a2.jpg
170218140019
左手奥を「磐越自動車道」が通っています・・・
いわき市から新潟市まで東北地方を横断しているのですね

判りづらいですが、アンダークロスした、郡山からの磐越西線の架線の柱が
近づいてきます・・・まもなく「会津若松」駅です

結局、会津磐梯山の全貌を見る事は出来ませんでした・・・明日、期待です

170218140538a2.jpg
170218140538
14時5分、「会津若松」駅に到着
この後、15時37分発の会津鉄道線で「湯野上温泉」駅へ向かいます

その間、駅ビルでお土産を購入、15時にチェックイン、大きな荷物を置いて
身軽になって、向かう・・・予定です

170218140629a2.jpg
170218140629
駅の跨線橋からも「会津磐梯山」が望めるのですが・・・

150222121234a2.jpg

150222121234
一昨年、訪れた際は・・・よく見えました

右側が「会津磐梯山」、左側は「雄国沼(おぐにぬま)」を囲む外輪山・・・
こちら側からは古城ケ峰から猫魔ヶ岳が見えるようです

170218144422a2.jpg

170218144422
宿泊するビジネスホテル

荷物も多いし、帰りが夜遅くなるので、駅近くを条件に選びました

170218144851a2.jpg
170218144851
チェックイン時刻前に入室させて戴けました

広くはありませんが、まとまりのある部屋です
が・・・最近、よくある、電源コンセントとルームキー差しがリンクしている仕組み

部屋を出ちゃうと冷蔵庫以外の電源が全部切れちゃう・・・
今時、スマホやカメラ、タブレット等充電したい機器が一杯あるし、
チェックイン時は、不在中も充電させて欲しいものですが

170218145956a2.jpg
170218145956
9階の客室から見える会津若松市内・・・南方向が望めます

170218150012a2.jpg
170218150012
ズームしてみると「鶴ヶ城」が見えます

「会津若松」駅から歩くと、30分くらい・・・でしょうか

170218151830a2.jpg
170218151830
カメラバッグと三脚・・・と身軽になって、再び「会津若松」駅に。
跨線橋から、これから向かう方(南)を望みます

正面の雲に隠れた山は、今から向かう「湯野上温泉」駅の手前にそびえる「小野岳」(1383m)
そのすぐ左に見えている山が、形から「中山」(金塚山)のようです
これから訪れる「なかやま雪月火」のイベントはその「中山」の西(右)側が会場

その山々の左手に大きな山塊が見えます
標高も高そうな感じです・・・もしかして「那須連山」でしょうか?

訪問日:2017年2月18~19日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.03.08 


Secret