サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・会津」のトップ記事は
こちら

170218164203a2.jpg
170218164203
「なかやま雪月火」会場の「なかやま花の郷公園」
住所で言えば、福島県南会津郡下郷町中山字下田3-1

この公園で開催される「なかやま雪月火」は今回で12回目でしょうか?
(2014年は大雪で中止)
・・・日本夜景遺産に認定されたイベントで毎年2月の第3土曜日に開催

見渡せる範囲の雪原が会場です

170218164226a2.jpg 170218164226
シャトルバスを降りて緩い坂道を下ります

一昨年はこの道にも雪が積もり、踏み固められてツルツルでしたが、
今シーズンはそんな事はなさそう・・・昨年に続き、今年も雪不足なのでしょうか?

170218164726a2.jpg
170218164726
途中、まだ灯いていないロウソクが・・・
東京から持参したチャッカマンで火を点けます

一昨年はこの会場で借りましたが、数が少ないので、昨年訪問前に
このイベントのためだけに2本購入していました・・・
チャッカマンを使うのは年に一度のこの機会のみ

170218165032a2.jpg
170218165032
雪原の「ミニかまくら」はすでに点火中

これから点いていないロウソクを探す作業が始まります

170218165443a2.jpg
170218165443
手作り感満載ですね

文字の中にもロウソクが灯されていますね

170218165740a2.jpg
170218165740
公園内には池が点在し、春から秋の間は文字通り、各種の花が咲くそうです。
飲食施設もあり、キャンプも可能なのだとか

その池の周囲にもミニかまくらが設置されています

170218165824a2.jpg
170218165824
ただ、地形を熟知していない人が、池のそばに近寄るのは危険

170218170231a2.jpg
170218170231
かまくらの脇から雪原に入ります

どこから入っても良いのですが、バッグを持ったまま柔らかい雪に
ハマってしまうと脱出がなかなか困難

最初は、踏み固められた道を辿る方が安全です

170218170614a2.jpg
170218170614
斜面上部にあがってみると、こんな風景・・・

写真中央を通る道の右端が公園入口・・・バスを降車した辺りです

170218170949a2.jpg
170218170949
ベテランの方はすでに三脚を立ててスタンバイしています

でも、やっと陽が沈んだばかり・・・まだまだ明るいです
この日の日の入り時刻は17時28分50秒(只見)
山が無ければ、まだ太陽が見えている時間のようです

170218171920a2.jpg
170218171920
一昨年、初めて訪れた時も「日の入り時刻」を調べてプランを立てました
が・・・日の入りと共に真っ暗にはならない事を失念

薄暮の状態で、泣く泣く会場を後にしました

170218171949a2.jpg
170218171949
かまくらで覆いをされた中、ロウソクはカットされたペットボトルの中に立っています
ペットのサイズによってちょっと焦げちゃう物も・・・

でも、このロウソク、燃焼時間がとても長い感じです
点火開始は夕方4時半から、シャトルバスの最終発車は夜9時

5時間近くも燃え続けるのかな?と検索したら、
40時間、燃焼するタイプもありました

訪問日:2017年2月18~19日
つづく(全17回)
関連記事
スポンサーサイト

2017.03.11 


Secret