サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・会津」のトップ記事は
こちら

170218184920a2.jpg

170218184920
会場休憩所に貼られたポスターです

1年に1回、2月の第3土曜日に開催される「なかやま雪月火」

今年準備されたロウソク(ミニかまくら)の数は
年数に合わせて2017個だったそうです

参加費用は無料、チャッカマンを持参していれば点火もOK
(私も前回、今回と持参しました。会場貸し出しもありますが、数が僅か)

170218185412a2.jpg 170218185412
7時からは「歳の神」の行事が行われます

初めて訪れた一昨年は、この行事がおこなわれる、はるか前の6時には会場を出発
(日没後に薄暮状態が続く事を想定しないプランニングミスでした

昨年の帰路は、今回と同時刻のバスを選択していたのですが、
暖冬でまさかの小雨・・・早めにバス乗り場に向いました

170218185645a2.jpg

170218185645
照明が逆光になっていますが、こちらが風上
火を点けたら、多分、向こう側は煙で燻される・・・と、裏側にスタンバイです

170218185741a2.jpg
170218185741
明りがついていると、雪と共に風も出ているのが
よく判ります

170218190332a2.jpg

170218190332
点火されました

「歳の神」は一年間の無病息災を願う行事・・・だそうです。
今年の年男と年女の方たちが点火します

170218190643a2.jpg
170218190643
盛大に炎があがります

念のため、すぐそばの道端に消防車が待機中

170218190657a2.jpg
170218190657
炙られているのは、スルメ

炎が強すぎて真っ黒焦げにならないかな?

170218191614a2.jpg

170218191614
雪の屋外に滞在する事、約2時間半・・・さすがに身体が冷え切って

休憩所内で熱燗を注文します
お酒を竹筒に入れてお燗・・・。

170218191517a2.jpg

170218191517
竹容器は500円、コップだと300円
持ち帰りが出来るそうなので、竹でお願いしたら・・・
最後の1個でした

170218192801a2.jpg
170218192801
身体が少し暖まって・・・
ゆっくりとバス乗り場へ歩く事にします

バス時刻は20時10分発なので、あと40分もありますが
途中道からの景色もなかなかなんです

170218193151a2.jpg
170218193151
左にカーブ・・・路肩に並んだロウソクの灯りで道が判ります

170218193255a2.jpg
170218193255
緩やかな斜面に沢山のロウソク

170218194443a2.jpg
170218194443
ミニかまくらの高さは約50cmくらい

総数2017個となると、雪集めも大変そう・・・

170218194653a2.jpg
170218194653
左側上部が、最初に居た斜面です
右側に見える明りのついた所が休憩所

170218194844a2.jpg
170218194844
車道まで上がってきました・・・すでにシャトルバスが停車中

170218195504a2.jpg
170218195504
発車予定時刻前に満席になりました

運転手さん、会社と連絡を取り、続行車がすぐに来るのを確認して出発

170218202459a2.jpg
170218202459
殆ど街路灯が無い、山の雪道を降りてきました
道や雪の状況を熟知している地元の人でなければ怖そう

早く出発したので、「湯野上温泉」駅駐車場には15分以上早着

これから乗る列車に間に合わないと大変ですが
待ち時間が少し長くなってしまいした

訪問日:2017年2月18~19日
つづく(全17回)
関連記事
スポンサーサイト

2017.03.15 


Secret