サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325084325a2.jpg
170325084325
東海道本線「沼津」駅で発車を待ちます
8時44分発、普通「浜松」行き・・・「興津(おきつ)」駅まで、37分の乗車です

この車両の運転席部分は見晴らしが良いですね
車内は・・・満席で、再び、ドアの横に立っています

170325085027a2.jpg 170325085027
青空・・・では、ありませんが、雪を被った富士山の姿が再び

170325085343a2.jpg
170325085343
「春霞」の言葉通り、春になると霞んでしまう事が多いのですが
折角、富士山の全身が見えているのだし・・・もうちょっとだけ青空が欲しい~

170325085738a2.jpg
170325085738
「東田子の浦」駅を過ぎた辺りです

在来線の「東海道本線」から富士山を見るって・・・久しぶり

沼津までは何度か来ていますが、その先へ向かう場合
利用しているのは、東海道新幹線ばかり

170325090143a2.jpg
170325090143
「吉原」駅を過ぎました

定番の京都・奈良への修学旅行も新幹線だし
当時は名古屋・関西方面に旅する機会は少なかったような・・・

思い出してみるのですが・・・もしかしたら高校生の頃以来?

春休みに山陰・山陽へひとり旅をした際、往路で
ブルトレの「出雲」に乗車・・・鳥取へ向かった際、東海道本線を走りました

170325090601a2.jpg
170325090601
「富士」駅から「富士川」駅へ向かっています

でも夜行寝台特急ですので、この区間ではすでに暗かったはずで
富士山の姿を見る事はできなかった筈

170325090607a2.jpg
170325090607
となると、東海道線の車窓から富士山の姿を見た可能性があるのは・・・

小学生低学年の頃、父の故郷・鹿児島を家族で訪れた時
往路は、夜行寝台特急「はやぶさ」でこの辺りは暗くなってからの通過

復路は、日豊線経由で大分駅から夜行寝台特急「みずほ」で尾道へ・・・
両親の知人宅に泊まった後、早朝発の急行「桜島」で東京へ
午後にこの辺りを通過しています

時期は前後しますが・・・
両親と和歌山・紀伊大島に出かけた際は
往路は、夜行急行「紀伊」に乗車・・・夜行ですので、静岡は深夜に通過

復路は、途中、豊橋の両親の知人宅に宿泊
豊橋からは急行「いこま」で東京へ
時間帯的には、富士山が見えた筈・・・
子供心に富士山が見たいという気持ちがあったかどうかは???ですが

170325090619a2.jpg

170325090619
「富士川橋梁」(571m)を渡ります

170325091526a2.jpg

170325091526
「蒲原」駅を過ぎると、自動車道が寄ってきます
左隣が「富士由比バイパス」、フェンスの奥が「東名高速道路」
見えませんが、その先に駿河湾が広がっている筈です

次の駅は「由比」駅・・・帰りに乗車する駅です
正面に見える山の向こう側に、これから下車する「興津」駅があるのでしょう

今回の散策は、興津駅からあの山の峠を越えて由比駅に戻ってくるコースです

訪問日:2017年3月25日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.04.01 


Secret