サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325091638a2.jpg

170325091638
JR東海道本線「由比」駅が見えてきました

「由比」と聞くと思い浮かぶのが「由井正雪」
江戸時代、幕府転覆を謀るのですが、事前に計画が漏れて、京都から江戸に向かう途中、
静岡で自決する・・・「慶安の変」の首謀者とされていますね

実際、この由比地区に生家があるそうです

正面を、道筋を塞ぐように山が迫っています・・・
東海道の三大難所のひとつとしても語られているそうです

170325091730a2.jpg 170325091730
「由比」は東海道五十三次の16番目の宿場町
奥の建物沿いに「東海道」が通っています
その背後にはすぐに山が迫っています

この次の駅「興津」からここまで「歩いて戻ってくる」のが、今日の予定
まずは車窓から、どんな感じかチェックしていきます

9時17分、発車・・・

170325091903a2.jpg

170325091903
短いトンネルを通過して、電車はどんどん加速
左側の「富士由比バイパス」(国道1号線)を走る車をどんどん抜いて行きます

170325091942a2.jpg
170325091942
左側・・・東名高速道路が高度を上げていきます・・・
正面の山腹からトンネルに入るようです

電車は100km/h近い速度で、まだ走っています

走れば走るほど、歩く道のりは長い訳で・・・事前に距離はチェックしていますが
ここを選んだ事を少し後悔してる気持ちもアップ中

170325092015a2.jpg
170325092015
海岸線に沿って、右カーブ・・・海の向こうに見えるのは「三保」半島
あの世界文化遺産に登録された「三保の松原」がある所

で・・・電車はまだスピード感満載で走っています

「由比」駅を発車してまだ3分ですが、長く感じます
平均速度を80km/hとしたら4km走った事になりますが・・・まだ興津駅は見えません

170325092156a2.jpg

170325092156
川を渡って、やっと「興津」駅が見えてきました

かなり走ったぞ・・・

170325092222a2.jpg
170325092222
到着します・・・「由比」駅を出発して5分です

普段なら、気にならない乗車時間だけど、
かなりのスピードで走ってくれたし・・・

駅間距離は「5.9km」だそうです・・・歩くとなると、もっとありそうですね

170325092327a2.jpg
170325092327
9時22分、到着・・・地元駅を出て、3時間25分
結局、座る事はありませんでした

歩く前の準備運動になったかな

コースマップでは、ここから由比駅まで6.5kmほど・・・。

訪問日:2017年3月25日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.04.02 


Secret