サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325105429a2.jpg

170325105429
住所で言うと、静岡市清水区・・・由比東倉澤
「薩た峠」を下り、昔ながらの街道を「由比」駅に向かって歩いています

その途中、石塔には「中峯神社」と彫られていますが、気になったのはその隣
「八阪神社」への参道でした

胸突き八丁の急な階段を小さな女の子がお母さん?と一緒に上っています
お参りも大変だ~

大人でもキツそうな石段・・・行きよりは帰りの方が怖そうな感じです

170325105516a2.jpg
170325105516
踏切の警報音が聞こえて・・・家並みの間を上り電車の姿

「由比」駅10時56分発の「熱海」行き普通電車でした
間に合いませんでした・・・熱海直通で便利だったのですが

この後は、11時15分発の「三島」行き・・・「三島」駅で「熱海」行きに
再度、乗り換えないとなりません

170325105600a2.jpg
170325105600
民家が並ぶ間に、歴史を感じさせる墓石が並んでいます
お供えもされているので、この辺りの由緒のある方々のお墓でしょうか?

170325105822a2.jpg
170325105822
JR東海道本線、富士由比バイパス(国道1号線)、東名高速道が並走しています

東名高速道には照明灯が立ち並んでいます
「由比PA」の駐車場スペースです
下り線ではこの沼津寄りは大型車用になっているとか

170325110025a2.jpg

170325110025
道筋にあった「桜エビ」料理の前には入店待ちのお客さんが数グループ
・・・やはり人気なのですね

「由比」駅まであと「1.2km、25分」だと、11時15分発の電車にも間に合わないかも

予定ではあっさり通り抜けるつもりだったのですが
予想外に見所の多い道筋で、時間がかかってしまっています

170325110359a2.jpg
170325110359
「寺尾」という地名に変わりました

当初、「寺尾村」はもっと海岸寄りに立地していたそうです
1700年の大津波(北米で発生したカスケード大地震によるとされています)により
被害を受けたため、この高台に移転したとか

170325110448a2.jpg
170325110448
代々、寺尾村の名主だった小池家の「小池邸

平成10年に国の登録有形文化財に指定されたそうです

170325110520a2.jpg
170325110520
印刷スペースの制限があったのかもしれませんが
「助詞」の位置がおかしいです

170325110905a2.jpg
170325110905
やっと「由比」駅へ分岐に辿り着きました

距離表」によると「薩た峠」まで2.9km、「望嶽邸」まで1.5km・・・ですが
あちこちにあった「薩た峠」の標識
どこが本当の「峠」だったのかはっきりしません

170325111220a2.jpg
170325111220
「東海道」を横切って、県道370号線に入ります

今、11時12分・・・15分発の電車に間に合うでしょうか?
駅まで200m程の筈ですが・・・

訪問日:2017年3月25日
つづく(全14回)
関連記事
スポンサーサイト

2017.04.17 


Secret