サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170513141320a2.jpg

170513141320
富山県黒部市、黒部渓谷鉄道「宇奈月」駅で発車を待っています

13両の小さなトロッコを重連の電気機関車が牽引・・・
隣の線路に、同じ色の機関車が停車中(EHR形式)

いかにも山登りっぽい面構えの機関車ですね

170513141617a2.jpg 170513141617
14時14分発・・・降車する「鐘釣」駅の到着は15時16分
往復で2時間、意外と長い乗車時間でした

トンネルを抜け、「新山彦橋」で黒部川を渡ります
左側には1代前の鉄道橋「山彦橋」・・・現在は遊歩道になっています

170513141628a2.jpg
170513141628
上流側・・・山裾にこの先、通る線路の架線柱が見えています

20~25km/hの速度ですが、窓が無く、車高も低いので
結構、スピード感が感じられます

車窓は「欅平」駅に向かって右側が良いとか・・・運良く座る事が出来ました

170513141737a2.jpg
170513141737
すぐに「宇奈月ダム」の姿が目前に・・・放流していますね
2001年竣工と、新しいダムです

堤高は97m、堤頂長は190m・・・見た感じでは
あまり感じませんでしたが、意外と巨大です

170513141805a2.jpg
170513141805
振り返ると、先ほど渡った「新山彦橋」、その先に「山彦橋」の姿

170513142114a2.jpg
170513142114
「宇奈月ダム」に堰き止められた「宇奈月湖」

ドイツ・ライン川に立つようなお城風の施設・・・「新柳河原発電所」
上空の雲が中世っぽい雰囲気に感じさせてくれます

その脇に、最初の駅「柳橋」駅があります

170513142119a2.jpg
170513142119
「柳橋」駅は通過・・・上り列車と交換します

170513142310a2.jpg
170513142310
崖に沿ってトンネル、ロックシェッドが連続
カーブも急です・・・ほぼ直角に見えます

170513142550a2.jpg
170513142550
湖面を渡る細い吊り橋・・・「サル橋」です

ダム湖の登場によって、猿の移動が遮られてしまいました
その対応として張られた「猿専用吊り橋」・・・
手すりも無いけど、サルは怖く感じないのですかね?

170513142802a2.jpg

170513142802
岩場の上に立つ「仏石」
石仏ではなく、石仏に似た天然岩だそうです

それにしても、赤い衣装をどうやって着せに行くのでしょう

170513143844a2.jpg
170513143844
「森石」駅を通過して
断崖に設けられた「黒薙(くろなぎ)」駅に停車・・・有人駅だそうです

ここから徒歩20分ほどの所にある「黒薙温泉」
渓谷最古の露天風呂があるそうです・・・宿はこちら

先頭の機関車が渡るのが「後曳橋(あとびきばし)」・・・長さ64m、高さ60m
先頭車が右側に見える急カーブは鉄道方適用区間での最急カーブ
半径21.5mだとか。

訪問日:2017年5月13~14日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.05.27 


Secret