サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514111135a2.jpg
170514111135
標高1828mの「黒部平」

北東の方角には、日本百名山のひとつ「鹿島槍ヶ岳」(2889m)の姿が見えています

「立山」駅~「美女平」駅~「室堂」駅と「立山連峰」の西側を進み
「立山トロリーバス」で立山頂上直下を通過
「大観峰」駅~「黒部平」駅と、「立山連峰」の東側に来ています

この後、正面に見える「後立山連峰」(飛騨山脈)を抜けて、長野県側に入って行きます

170514111918a2.jpg 170514111918
「立山ロープウェイ」と「黒部ケーブルカー」が接続する「黒部平」駅構内は大混雑です

時刻表に掲示されている定期運行だと、
ロープウェイは20分間隔、ケーブルカーは20~30分間隔

ですが、定員がそれぞれ80名と130名と、前後の交通機関に比べて少ないので、
コース上のボトルネックになっているそうです

170514112851a2.jpg
170514112851
11時30分発の次は12時発・・・運悪く間隔が30分空く時間帯にバッチリあってしまいました

170514113158a2.jpg

170514113158
でも、駅員さんに誘導されてホームへ

170514113215a2.jpg

170514113215
階段ホームの傾斜はかなり急です

170514113221a2.jpg
170514113221
全線トンネルとなっている「黒部ケーブルカー」・・・吸い込まれそうな感覚で、
カメラを持った腕だけ伸ばして、怖々、撮影

170514113335a2.jpg
170514113335
窓の外は雪で覆われています

170514113425a2.jpg

170514113425
11時35分着のケーブルカーが到着します・・・車内は満員ですね

170514113635a2.jpg
170514113635
降車が済むと、乗車・・・運良く先頭部の窓の所を確保出来ました

急坂のトンネルが続いています
この「黒部平」駅(1828m)と坂下の「黒部湖」駅(1455m)間は約800m、
高低差は373mあります

170514113708a2.jpg

170514113708
11時37分、時刻表では12時発ですが、発車しちゃいました

乗車しているのは今回のツアーメンバーのみ・・・36名と添乗員さんだけ
改札口までは大混雑だったのに、ウソみたいにガラガラの車内です

170514113849a2.jpg
170514113849
中間部で、下から来た車両とすれ違います
トンネル内だと雰囲気も異なりますね

170514114109a2.jpg
170514114109
約5分の乗車時間で「黒部湖」駅に到着します

乗車ホームには大勢のお客さんが待っています
服の色合いや雰囲気的に、海外からの団体客のようです

170514114117a2.jpg

170514114117
乗車したのは「臨時便」でした

170514114216a2.jpg

170514114216
このアルペンルートでは混雑緩和のためか、個人客よりツアー客、団体客を優先するそうです

個人客が乗車する「定期便」の合間に、団体客専用の「臨時便」ダイヤが組まれているようです

170514114453a2.jpg
170514114453
地下にある「黒部湖」駅から約600m、緩くカーブをしたトンネルを歩くと
目の前に「黒部ダム」と「黒部湖」が広がります

訪問日:2017年5月13~14日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.06.10 


Secret