サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514114822a2.jpg

170514114822
地下を走る「黒部ケーブルカー」の「黒部湖」駅改札口から
トンネルを600m(公式サイト上の道のりですが、もっと短い気がしました
歩いて出た所が「黒部ダム」の突堤(堤頂)脇です

このダム水を利用した発電所が「黒部川第四発電所」なので
「黒四ダム」と呼ばれていました・・・私の世代だと、この名前の方が馴染がありますね

170514114826a2.jpg
170514114826
ダム上部の堤頂の長さは492m、高さは186m(日本一)

向こう側まで見通せるのであまりピンと来ませんが、
こちら側から向かい側に行って、戻ってくると約1kmなのですね

170514114838a2.jpg
170514114838
出発は13時35分発・・・トロリーバスを降りて、約2時間のフリータイムなので
かなりゆっくり散策できます
と、言うか、ゆっくり廻らないと時間が余ってしまう

170514115104a2.jpg

170514115104
186m下を流れる「黒部川」
186mは55階建の建物と同じくらいの高さ・・・だそうです

170514115239a2.jpg
170514115239
「堤頂」の左側が下流側・・・右側に「黒部湖」が広がります

この後、乗車する「関電トロリーバス」の駅は正面の岩壁の中にあります
その岩壁にのこる巨大な柱の列・・・ダム建設時に使用した
ケーブルクレーンのアンカー(重し)です

その左側の岩の上に平べったい施設・・・展望台になっています
その下のコンクリート崖に階段が設けられています
昨年、訪れた際は悪天候で危険なため、途中で断念した階段

170514115347a2.jpg
170514115347
ダムに来た時の定番・・・覗いてみます

高すぎて、逆に恐怖感ないかも

170514115358a2.jpg
170514115358
エメラルドグリーンの水を貯える「黒部湖」

奥の方に見える雪山は「赤牛岳」(2684m)だそうです
牛が寝ているような形をした赤茶けた山肌から付いた山名だそうですが
この時期、雪に覆われていて、ピンと来ません

170514115517a2.jpg
170514115517
ダム下流側に聳え立つ岩峰は「黒部別山南峰」(2300m)

切り立った岩峰が連なった姿・・・「南峰」という名称が勿体ない気がします
この向こう側(北側)に「黒部別山」(2353m)、「黒部別山北峰」(2285m)が連なるそうです

170514115705a2.jpg

170514115705
堤頂の反対側までやってきました

向かいの岩壁の中に「黒部湖」駅があります・・・その先に見えるのが「立山」


先日、小型飛行機が墜落したのが「獅子岳」(2714m)の南東部だとか
・・・左端に見えるのが、その獅子岳かもしれません

つい最近、訪れた所で惨事が起きたとは・・・
さらに搭乗者の方は事故直後はまだ生存されていて、麓と通信をされていたそうですね

事故当時、この訪問時より雪は減っていたのかもしれませんが
夜間は氷点下になる環境で、救助を待つのは辛かった筈・・・。

天候さえ良ければこんなに見通しが良いのに・・・非常に残念な事故でした

訪問日:2017年5月13~14日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.06.13 


Secret