サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514135649a2.jpg
170514135649
「立山黒部アルペンルート」の長野県側の起点「扇沢」駅

その駅舎前に広がる駐車場に観光バスが待機中
今回のツアーでお世話になっているバスも一番右側に到着していました

朝7時、私たちが別のバスで出発後、ツアー客の不要な荷物を積んで、
富山県魚津市のホテルを出発
下道だと約134km、約3時間の行程だそうですが、観光地の多い
「糸魚川街道」等、渋滞も多そうな道のりですが、無事に間に合いました
(「マイカー回送サービス」だと5時間を見込んでいるそうです)

発車前、皆さん、冬用の装備を解いたり、
アルペンルート内で購入したお土産等をまとめたり・・・
私もライトダウンや雨合羽、手袋等々をバッグに収納。この後は春服で帰路につきます

170514140306a2.jpg 170514140306
14時、東京へ向かって出発です

ここからは指定席・・・前から2番目の右側座席に(ひとりで占有です

添乗員さん、昨日はスーツ姿で、今朝は山ガール風でしたが
ここからはラフな装いで・・・。

170514140626a2.jpg
170514140626
谷あいの先に見えているのは、信濃大町付近かな

旅程は・・・予定より1時間20分ほど遅れているようです。
混雑の割に順調に来ていると思っていたのですが、意外

早出(5時40分出発)をして、この遅れ・・・もっと遅い時間に出発だと
更に大きく遅れていたのかもしれません

170514141048a2.jpg
170514141048
標高は1300mほどありますが、山の上とは異なり、新緑が眩しいです

170514141204a2.jpg

170514141204
山肌にも新緑がまだら模様に広がっています

170514141536a2.jpg
170514141536
標高950mを割って・・・まもなく「くろよんロイヤルホテル」を過ぎる手前
広大な駐車場が広がっています
アルペンルート利用客が山越えをしている間、大型バスが待機する駐車場のようです

前の方で運転手さんと添乗員さんが会話・・・
「周りに何も無いので、(ここで)待つのも大変」なのだそうです

170514141633a2.jpg
170514141633
添乗員さんが「あっ!」と・・「お猿さんが居ますね」とアナウンス
その時は既にはるか後ろに通り過ぎています
もっと早く言ってほしかったのに~

と、思っていたら、また居ました
立木の右側、子ザルでしょうか・・・ちょこんと座っています

170514142241a2.jpg
170514142241
すっかり麓に下ってきました

右側が「爺ケ岳」(2670m)の裾から「岩小屋沢岳」(2630m)・・・後立山連峰かな?
中央は「蓮華岳」(2799m)、その左に「北葛岳」(2551m)・・・の感じですが、
当たっているでしょうか

170514142446a2.jpg
170514142446
川を渡ります
「高瀬川」・・・水源は「槍ヶ岳」(3180m)だそうです

170514142457a2.jpg
170514142457
長さ345mの「蓮華大橋」を渡り始めます

北アルプスを望む名所として有名な場所

170514142507a2.jpg
170514142507
右端に「鹿島槍ヶ岳」(2889m)、ちょっと雲がかかってしまった「爺ケ岳」
正面は「岩小屋沢岳」、左に「蓮華岳」

170514143612a2.jpg
170514143612
左側を「高瀬川」が流れています
その堤防に続く道は県道306号・・・通称「北アルプスパノラマロード」です

170514143811a2.jpg
170514143811
太陽が少しずつ下がってきて、車窓西側は逆光になっています
そんな状況でもすぐに判る山型・・・「有明山」(2268m)
台形の形から「有明富士」と呼ばれているとか。

170514145558a2.jpg
170514145558
「扇沢」を出てから約1時間
高速道に乗る前に、買い物休憩・・・「安曇野スイス村」に到着します

地理的には、わさびで有名な「大王わさび農場」から約1kmほど南側・・・
乗る機会の多い、特急スーパーあずさ22号が松本発14時49分で、
新宿には17時24分に到着

午後3時頃で松本より北の位置・・・東京には何時に戻れるのか、ちょっと不安です

訪問日:2017年5月13~14日
つづく(全24回)
関連記事
スポンサーサイト

2017.06.17 


Secret