サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
青梅界隈」のトップ記事はこちら

170617100935a2.jpg
170617100935
青梅市「吹上しょうぶ公園」の入口への道端に・・・。

季節の花、紫陽花が咲き始めています
この辺りでは、満開までまだ少し早いのでしょうか・・・

170617100956a2.jpg 170617100956
今回の散策地選びでは、当然ながら、紫陽花も候補のひとつにしていました

東京近郊にも紫陽花の名所が色々ありますが、まず筆頭に上がるのが「鎌倉」
明月院を始め、成就院、長谷寺等々、紫陽花の名所が数多くあります

170617101005a2.jpg
170617101005
ゆっくり見る事が出来るのならば是非訪れたいのですが・・・

年中、混雑している鎌倉が更に大混雑の時期
「江ノ電」に乗るにも、入場規制が敷かれる事もあって
シーズンは1時間待ちは当たり前、なんだとか

170617101016a2.jpg
170617101016
この青梅市にも紫陽花の名所があります

それが、ここに来る道案内にも表示されていた「塩船観音寺
元々は、ツツジで有名な寺院ですが、この時期は山の斜面沿いに
紫陽花の花が開きます(前回、訪れました→こちら

両方を廻ると、時間が取られるため、今回の花は「ハナショウブ」のみに・・・。

170617101034a2.jpg
170617101034
バス通りから200mほど・・・「吹上しょうぶ公園」の入口です

5月26日から6月25日まで「吹上はなしょうぶまつり」を開催中
で、この「まつり」開催中のみ、200円の入園料です

170617101109a2.jpg
170617101109
説明板の最初・・・「谷戸」
「丘陵地が浸食されてできた谷」と・・・。

この地名は別の所で見聞した事があります・・・「鎌倉」です
扇ガ谷、源氏山公園の周辺には狭い谷の地形が数多く見られます

谷に沿って水流が集まり、この菖蒲の花や紫陽花等
乾燥を嫌う花が育ちやすい環境だったのかもしれませんね

170617101118a2.jpg
170617101118
アヤメとカキツバタは違いが割とありますが、
ハナショウブとの違いは微妙

170617101229a2.jpg

170617101229
周囲を丘陵に囲まれた谷戸の地形
広さは約2.1ヘクタールだそうです

170617101344a2.jpg
170617101344
品種別に畝が設けられています

170617102017a2.jpg
  170617102017
長井系「出羽万里」中生

「長井」は、山形県長井市で栽培された品種
「中生」は花期・・・この界隈では、6月中旬になります

この「出羽万里」は長井古種系の品種ですが、長井以外で作出されたそうです

170617102104a2.jpg
170617102104
花は開いているのですが、よく見るとしおれ気味

雨不足と夏のような強い陽射しが影響しているのでしょうか

170617102208a2.jpg

170617102208
花弁の縁がまくれ上がっているような・・・
花が明らかに乾いていますね

10時20分の「青梅」のアメダス・・・25.3度
25度を越えて「夏日」になりました

訪問日:2017年6月17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.06.27 


Secret