サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
青梅界隈」のトップ記事はこち

170617122635a2.jpg
170617122635
庇の上に懐かしい映画の看板が掲げられています

「第三の男」(1949)は映画館でも見られる構図ですが
「お熱いのがお好き」(1959)は何かアレンジされています

東京・青梅市、「昭和レトロ商品博物館」のお隣の建物です
170617122643a2.jpg170617122643
映画看板下の入口は「青梅赤塚不二夫会館」
「昭和を巡る3館」のひとつ(単館入館料450円)

3館券をもぎってもらう際、幻灯館で使える「コーヒー無料券」を頂きました。

170617122858a2.jpg
170617122858
「赤塚不二夫」さんのマンガと言うと、「いやみ」が特異なキャラですね

「おそ松くん」に登場しましたが
チビ太、デカパン、ダヨーンのおじさん・・・等々、個性の強い登場人物が多かった印象
「おそ松くん」の6つ子の名前も必死に覚えた気がします

170617122955a2.jpg

170617122955
それ以外だと「モーレツあ太郎」、「ひみつのアッコちゃん」、「天才バカボン」が
代表的な作品でしょうか

170617123028a2.jpg

170617123028
意外と、好きだったのが、この「ケムンパス」

割とシンプルなデザインだったので、よくマネて描いていました

170617123013a2.jpg
170617123013
1階にある物販店で・・・
ケムンパスの土産品があれば買おうと思ったのですが、ありませんでした
あまり人気の無い、マイナーなキャラだったでしょうか?

170617123141a2.jpg
170617123141
2階には、トキワ荘の自室を再現

ちゃぶ台が再び人気のようですね

170617123903a2.jpg
170617123903
さらっと「赤塚不二夫会館」を巡って、再度、「幻灯館」を探してみると・・・
道の向かい側、30mほど立川寄りに有りました

「幻灯」という命名から、映画を中心とした展示・・・

170617124017a2.jpg
170617124017
だと、思って、入館してみたら、ちょっと違う感じです

でも、展示品のひとつ・・・この「三輪自動車」、幼い頃、乗りました~
正式名は何て言うのだろう

調べてみると「ペダルカー」と言った分野で、足こぎ式の自動車(実車に似せた)が
出てきますが、当時、そんな呼び方はしなかったような・・・

170617124248a2.jpg
170617124248
この室内が、有料範囲です(単館入館料250円)

以前は、鉄道関連のコレクションでしたが、2015年より青梅からデビューした
墨絵作家の方とぬいぐるみ作家の方の常設展となったそうです
(個人的には、鉄道関連が見たかった・・・)

170617124435a2.jpg
170617124435
玄関を入ったすぐの所は無料で見学出来ます

懐かしいヒーロー、ヒロインのプロマイド・・・購入も出来るようです

「力道山」、「王選手」、「長嶋選手」、「石原裕次郎」さん、「舟木一夫」さん、「野口五郎」さん
あと、見覚えがあるのですが、名前が出てこない~方が何人か

170617124450a2.jpg
170617124450
「美空ひばり」さん、「由美かおる」さん?、「大原麗子」さん、
「伊東ゆかり」さん?、「山口百恵」さん、「吉永小百合」さん

知っている人数で年齢もバレますね

170617124530a2.jpg
170617124530
壁の上には映画ポスターが・・・。

「みじかくも美しく燃え」(1967年)は、実話を元にした悲恋もの、

その音楽が映画音楽集にはよく入っていて注目していました。
DVD化されてて購入を考えたのですが、Amazonでも中古で14000円・・・手が出ません

「MANON」、邦題は「恋のマノン」(1971年)でしょうか

主演の「カトリーヌ・ドヌーヴ」、今も現役ですが、綺麗な女優さんですね
何作かDVDで持っていますが、「シェルブールの雨傘」も印象的でした

170617124550a2.jpg

170617124550
「俺たちに明日はない」(1967年)

銀行強盗ものですが、ラストシーンで87発の銃弾を浴びて死ぬ・・・
これも実話が元だという事に、子供心にも衝撃を受けた印象がありますね

170617124635a2.jpg
170617124635
アラン・ドロンは好きな俳優さんのひとり
今もDVDを集めていますが、「サムライ」や「冒険者たち」はお奨めです

「冒険者たち」(1967年)で共演のジョアンナ・シムカスさん演じる
「レティシア」の水葬シーンは今でも最も美しい水葬と評判・・・
音楽とも合っていました(水葬のランキングと言うのも変ですが・・・)

「冒険者たち」は24歳の時の作品、その2年後公開された映画で共演した
アカデミー賞俳優のシドニーポワチエさんと結婚・・・人気を博したのに、短い映画女優歴でした
(この「冒険者たち」でとても好きになったのですが・・・



「冒険者たち」でも「サムライ」(1967年)でも、アラン・ドロン演じる
主人公は最後に死を迎えます・・・そういう役柄が似合っている気がします

「サムライ」は一度廃盤になりましたが、昨年、奇跡的に復活・・・
ずっと待ち焦がれていたので、早速購入しました



想定した展示とは異なっていましたが、プロマイド等、
懐かしさを感じることが出来ました

「赤塚不二夫記念館」で頂いた「無料コーヒー券」
テーブルがひとつで先客さん達がお話中
そこに座る度胸はなく、使わず仕舞に・・・

訪問日:2017年6月17日
つづく(全16回)
関連記事
スポンサーサイト

2017.07.07 


Secret