サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
青梅界隈」のトップ記事はこちら

170617130107a2.jpg

170617130107
思っていたよりも立派な橋です
多摩川にかかる「鮎見橋」

多摩川は山梨県甲州市の笠取山が水源・・・
長さは138km、上流では一之瀬川、丹波川と呼ばれ、
奥多摩町にある「奥多摩湖」の「小河内ダム」から先を「多摩川」と呼ぶそうです

この青梅付近までは渓流として流れ、この先は幅広となり
東京都と神奈川県の県境として流れた後、羽田空港の先で東京湾に注ぎます

一昨年の秋に訪れた「御岳渓谷」も同じ青梅市内ですが、
川幅が狭く、谷も深く文字通り「渓谷」風でしたが、
5kmほど下っただけで、随分と風景が異なります

170617130150a2.jpg 170617130150
「鮎見橋」から上流側を望みます

橋の名前の通り、釣り人は「鮎」狙いでしょうか

170617130227a2.jpg

170617130227
下流側にも釣り人の姿が・・・川は浅いようですね

右岸に連なる緑は、桜だそうです
春には、お花見をしながら、河原でバーベキューが出来るとか

170617130328a2.jpg

170617130328
対岸に立つ道標には「調布の里歩き道」との表示・・・
「調布」はかなり下流ですが、そこから続いているのでしょうか?

案内先に「天祖神社 カタクリ群生地」と・・・。

カタクリはまだ見た事が無く、チャンスがあればと思っていたのですが
今から1.8km(往復3.6km)歩くのはちょっと・・・
それに季節的に、標高が高い所ならまだ花があるのかもしれませんが、
この地程度の標高だと、既に終わっている気がします

170617130421a2.jpg
170617130421
「鮎見橋」を渡り、右岸側を上流に歩いてみます

なかなか立派な橋です

170617130509a2.jpg
170617130509
対岸側は、緑豊かな公園?になっています

芝生の先にある茅葺きの建物もなかなか・・・と思ったらトイレでした

一旦、河原に降りてみます

170617130710a3.jpg
170617130710
川を覗くと・・・小さな魚が沢山いますね~

鮎の稚魚でしょうか?

170617130724a2.jpg
170617130724
でも、鮎釣りのまっただ中の時期に、稚魚が沢山って事、あるのかな?

170617131456a2.jpg
170617131456
川底の色と同色系なので判りづらいですが・・・かなりの数の小魚です

別の場所では、オタマジャクシも泳いでいました
オタマジャクシって池や田んぼ等、流れが緩やかな所で見るイメージだったのですが
川にも生きているんですね

170617131719a2.jpg
170617131719
右岸側はカーブの内側で川底が浅くなっていますが
左岸側はカーブの外側で川底も深く掘られている感じですね

170617132109a2.jpg
170617132109
すぐ上には民家が見えますが、ここだけ見ると山奥の渓流風に・・・。

170617132542a2.jpg
170617132542
蛇行した多摩川に囲まれた所が「釜の淵公園」になっています

曼珠沙華で有名な埼玉県・巾着田は綺麗なΩ型になっていますが
この「釜の淵公園」は逆U字型に近いかな

170617133134a2.jpg
170617133134
その逆U字型の反対側を渡る橋に辿り着きました

橋脚に銘板が貼られていますが・・・達筆で読めません

170617133141a2.jpg
170617133141
「りゅうえんばし」でした

上の読めない漢字は・・・「柳淵橋」と記されていたようです

訪問日:2017年6月17日
つづく(全16回)
関連記事
スポンサーサイト

2017.07.10 


Secret