サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

170708060304a2.jpg
170708060304
朝6時を廻った、都内、JR「赤羽」駅
ここで6時10分発、高崎線普通「高崎」行き(15両編成)に乗換です

今回、訪れる埼玉県行田市、「古代蓮の里」はこれで3回目

2015年の初回、昨年の2回目は、この駅を5時23分に出る、
高崎線始発電車(10両編成)に乗って出かけました

昨年までは頑張って早起きしてきましたが、今年はダメ、日和りました
と言うか、前2回とも、早起きによる睡眠不足の影響か、
現地で9時過ぎには日陰の無い陽射しの下で、フラフラ状態に
そのまま帰路につくパターンが続いてしまいました・・・。

なので、今回は30分遅らせての出発です

170708061018a2.jpg
170708061018
高崎線の電車が到着します

降車する行田駅には6時59分着・・・49分間の乗車です

「蓮の花」の大きな特徴は、午前に咲いて、午後は蕾に戻ってしまう
それも朝7時から9時頃までがベスト
どうしても早起きしないと

170708061513a2.jpg
170708061513
「蓮の花見」の往路で、初めて座る事が出来ました

前回2回とも満員・・・始発電車はこの赤羽駅で、新宿・池袋等の繁華街で
オールナイトした人が大挙して乗り換えてくるのです

更にこの電車は15両編成ですが、始発電車は10両編成って事もあるでしょう

170708061238a2.jpg
170708061238
荒川を渡って、埼玉県に入ります

空は快晴
数日前の予報では、曇り時々晴れだったので好転したのですが
行田市の予想最高気温は35度とか・・・はあ

170708070148a2.jpg
170708070148
JR高崎線「行田」駅東口
お隣、熊谷市のアメダス、7時の気温は26.2度・・・すでに25度を越えてますね

駅前からは「古代蓮の里」まではシャトルバスを利用・・・7月の土日は25往復の運行
その他に市の循環バスが10往復
かなりの数が運行されます・・・それだけ訪れる人が多いって事ですね
この日も、この後のバスを待つ人が20数人並んでる・・・。

170708070935a2.jpg
170708070935
始発から3本目の、7時12分発シャトルバスが到着します
運賃は200円(復路ではお得なセット券もありますが、乗車する
だけなら、循環バスの方がお安くなります)

バス乗り場では、ボランティアの方々が全員に各パンフを配布中
早朝からご苦労さまです

gyodaa2.jpg 「行田」駅は地図の左下
青い破線が「古代蓮の里」(地図右上)までのバスコース
乗車時間は20分弱・・・歩いて行くにはキツい道です

道のり的にはふたつ隣の北鴻巣駅(鴻巣市)の方が近いのですが
行田市の施設を巡る市運営のバスが
地元、行田駅を起点にしないのはマズイのでしょうね

170708071251a2.jpg
170708071251
市の中心地は、JR「行田」駅より、秩父鉄道の「行田市」駅なのでしょうか
建物は連なりますが、賑やかさはイマイチです

170708072721a2.jpg
170708072721
バスドアの枠(左側)と重なってしまいましたが、展望台が見えてきました

正面左側の駐車場は、既にほぼ満車?

170708072953a2.jpg
170708072953
「古代蓮の里」に到着しました
冷房の効いた車内から降りると、暑さが一気に・・・

展望台がある「古代蓮会館」もこの時期は7時から開館中(通常9時)
そちらは暑さでバテた後に利用する事にして、まずは蓮池へ向かいます

170708073107a2.jpg
170708073107
地図下(南)側にバス乗り場や駐車場

上(北)側に「(東西の)古代蓮池」と「水生植物園」をメインに
幾つかの池が点在しています

公園の広さは、14ヘクタール、東京ドーム3個分
それなりに広いです

170708073231a2.jpg
170708073231
「古代蓮」の発見経緯はこちらに

170708073302a2.jpg
170708073302
まずは、「古代蓮池」(東)へ・・・
大きな蓮の葉は広がっているのですが、花が無い?

訪問日:2017年7月8日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.07.14 


Secret