サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
花と古墳と城址」のトップ記事はこちら

170708073418a2.jpg
170708073418
埼玉県行田市にある「古代蓮の里」

東京ドーム約3個分の広大な公園の中、「古代蓮池(東)」から巡り始めました

が、昨年と比べて、明らかな違い・・・花数が非常に少ない

昨年の記事では「花の数と同じくらいの見学者が」と記載していたのですが
今回は、見学者の数の方が多い・・・です

昨年訪れたのが、6月26日、今年は7月8日
訪れる時期が遅すぎたのでしょうか?

170708073456a2.jpg 170708073456
サイトでの案内では「開花時期は6月下旬から8月上旬まで」と
なっているので遅い事は無い筈ですが・・・

170708074050a2.jpg
170708074050
花数が少ないので、「古代蓮池」の移動も滞りなく
早々に見終わりました・・・

170708074836a2.jpg
170708074836
北側の「水生植物園」に移動します

こちらは少し花数が増えた・・・かなあ、って感じです

170708075200a2.jpg
170708075200
「蓮」の花の命は4日間
丸い蕾状のものは1日め、大きく開いたのは3日め位
花弁が散り始めているのは4日め

そして「花托」だけが残ります

今回、事前に気になっていたのが「オニバス」が咲き出したという情報でした
訪問数日前の開花数が「1」

これまでの訪問では、見た事がありませんでした

その「オニバス」が咲く、園北側の池へ・・・

170708075706a2.jpg

170708075706
最初、「見つけた」時の印象は「イソギンチャク?」

170708075758a2.jpg
170708075758
なかなかケバケバしい・・・というか派手めな姿です

170708075946a2.jpg
170708075946
で、小っちゃ~

名前が「オニバス」なので、おどろおどろしい巨大な花・・・のイメージでした

でも、池の中で、見つけ出すのがやっとな程、小さい花です
「オニ」のように巨大なのは、葉の方でした

170708080318a2.jpg
170708080318
使う事はないだろうな、と思いつつ持参した
300mm望遠レンズが役立ちました

でも、まさか池の蓮の花を撮るのに使うとは・・・

訪問日:2017年7月8日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.07.15 


Secret