サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
花と古墳と城址」のトップ記事はこちら

170708083013a2.jpg
170708083013
埼玉県行田市にある「古代蓮の里」を訪れています

古代蓮(行田蓮)やオニバスが咲く池を離れて
駐車場そばにある「世界の蓮園」を巡ります

170708084458a2.jpg 170708084458
19の区画に41種類の蓮が育てられているそうです

170708084959a2.jpg
170708084959
「一天四海(いってんしかい)」

花弁数15~18枚の一重咲き。
黄色みのある白地の縁に紫紅色の帯状の紋が入る・・・そうです

170708085601a2.jpg
170708085601
「誠蓮(まことばす)」

花弁数120枚前後の八重咲き。
鮮やかなピンクがとても綺麗です

170708085653a2.jpg
170708085653
「舞妃蓮(まいひれん)」

花弁数20~25枚の一重咲き。
淡黄色のボカシに淡紅色が入る・・・そうです

170708085819a2.jpg
170708085819
「世界の蓮園」には約20000株・・・ですが、
種類によっては開花時期が異なるので、一度に全ての開花を見るのは無理っぽい

170708090007a2.jpg
170708090007
さらに、訪問日は「養生中」と張り紙が掲示された区画が多数

花が咲いていたのは、半数ほどの種類でしょうか

170708090128a2.jpg
170708090128
「蓮池」の花数と言い、今年は開花が遅れていたのかもしれません

170708090517a2.jpg
170708090517
「ヴァージニア蓮」
花弁数22~26枚のキバナバス系の一重咲き。

黄色い蓮って珍しいですね・・・あまり見かけた事が無い感じ

170708090821a2.jpg
170708090821
オニバスの池にもトンボが舞っていましたが、ツーショットにはならず・・・
でも、この「世界の蓮園」で撮れました

羽に色が付いた、チョウトンボですね

訪問日:2017年7月8日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.07.20 


Secret