サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「小海線で散策」のトップ記事はこちら

国立天文台野辺山です

131130103149a2.jpg

13.11.30.10:31.49.
「ミリ波干渉計」の先、
300mほど先に・・・1基

「45m電波望遠鏡」

45mとはアンテナの直径

小学校の25mプールの倍近く
スイミングスクールの50mプールには、ちょい負ける

でも、そんな大きさのアンテナです

アンテナのお値段は約100億円
重量は、約700トン

アフリカ象の重さが約7トンなので
700頭が浮いている状態

パオーン


131130103322a2.jpg

13.11.30.10:33.22.
近づいていくと、赤いコーンが・・・
「立入禁止」ではなく、
「ご遠慮ください」の優しい文言

観測中?で真下には行けません・・・

以前、訪れた際は、内部見学も出来ました
ただ、あの時は真夏の頃・・・

大気中の水蒸気が少ない11月から5月の間が
観測にうってつけの時期だそうです。

電波望遠鏡なので、昼間も含め、
一日中観測しているそうです

夏場は観測しにくい時期だったので
見学も可能だったのですね

131130103401a2.jpg
13.11.30.10:34.01.
アンテナの下部には5階建てに匹敵する
高さまで、機器関連施設

この電波望遠鏡は、ミリ波観測では
世界最大級だそうです

今まで観測した最遠の電波は、
地球から100億光年以上先

もし、その光を見る事ができたなら
100億年前の光を見たって事

平均寿命80歳に届くかどうかの私には
・・・想像が出来ません


131130103421a2.jpg
13.11.30.10:34.21.
雨が降ったら・・・
アンテナのパネル間に隙間があるので溜まらない

雪が降ったら・・・
アンテナを垂直にして風下を向く
付いちゃったら、翌日、太陽に向ける

落雷には・・・
避雷針が付いている
けど、一度、落ちて、アンテナの一部が壊れた

地震には・・・
かなり大きな地震でも壊れない
けど、人の感じない地震で観測に影響あり

「天文台」のQ&Aから・・・


131130103737a2.jpg

13.11.30.10:37.37.
直径45mだと、周囲の長さは約141m

ちょうど、見学されてる家族連れが・・・
アンテナの大きさが判ります

このアンテナを鍋の器にしたら・・・
ギネス級の鍋料理になる筈


tenmondai.gif


つづく
関連記事
スポンサーサイト

2013.12.11 


Secret