サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「国道300号線を通って」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

中央線で甲府に向います

140112073754a2.jpg

14.01.12.07:37.54.

笹子トンネルを越えて、「甲斐大和」の駅に到着

ここから地名に「甲斐」が付きます

ホームに雪が残っています

手前の駅・・・「大月駅」の朝7時半の気温は
-5.2度by気象庁
以前に降った雪も溶けないのでしょうね

この「甲斐大和」の駅を過ぎ、トンネルを抜けると
甲府盆地が見渡せます

140112074032a2.jpg
14.01.12.07:40.32.
山裾が途切れて、先の方が見渡せます
冠雪しているのは南アルプスです
右寄りの「甲斐駒ヶ岳2965m」が目立ちますね

乗車している電車・・・少々古いタイプで窓は二段窓
トンネルに入るたびに隙間から風が入ってきて寒っ・・・
ドアも半自動ではなく、駅に到着する度にすべてのドアが
開くので、氷点下の外気が入ってきます


140112074417a2.jpg

14.01.12.07:44.17 .
先日、夕景の写真を撮った「勝沼ぶどう郷」駅
(標高490m)に到着

甲府盆地の先に南アルプスが見えます
方角的には、雪をかぶった右の山が「北岳3193m」
その左へ「間ノ岳3189m」、「農鳥岳3025m」と続き
左端に「悪沢岳3141m」、「赤石岳3120m」と続いています

「農鳥岳」以外は、日本百名山に選定されています


140112074602a2.jpg

14.01.12.07:46.02 .
これから先、下に見える甲府盆地に降りていきます

甲府駅の標高は約270mなので200m以上の標高差

ここからの風景・・・中央線の中で好きな車窓のひとつです


140112074705a2.jpg

14.01.12.07:47.05.
電車は「塩山」駅に向って北上中

塩山を過ぎると約120度の方向転換をして
甲府駅に向います
周囲はぶどう畑、霜で真っ白になっています


140112075320a2.jpg

14.01.12.07:53.20.
「塩山」駅を過ぎると、南東方向に
富士山の頂上部分がひょっこり顔を出します

甲府駅までは、あと少しです

つづく
関連記事
スポンサーサイト

2014.01.16 


Secret