サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「国道300号線を通って」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

バスで「富士山」駅へ向かいます

140112113310a2.jpg

14.01.12.11:33.10.

11時31分発「富士山駅」行きの
バスに乗ります

「富士山」駅は元「富士吉田」駅
ある程度、世代が上の方は
その名称の方が馴染みがあるでしょう

「富士山」駅までの所要時間は56分
「下部温泉」から「本栖湖」よりも長時間

道のりは約30km・・・意外と距離があります
東京だと、「東京」駅から「横浜」駅の道のりくらい
関西だと、「大阪」駅から「三宮」駅とほぼ同じ

乗車したのは、私を含めて4人

140112113531a2.jpg
14.01.12.11:35.31.
本栖湖を出ると、国道139号線を走ります

道端の歩道には雪が積もっています
奥の樹林は「青木ヶ原樹海」

内部は樹林と富士溶岩の塊で見通しが
悪い上、磁石も効かないという地

あの松本清張氏の小説「波の塔」・・・
何度かTV、映画化された有名な作品で
ヒロインが最後、この樹海の中に
入っていくシーンで結末・・・。

その後、この樹海で自殺者が相次いだと
言われています。
今でも自殺者が絶えないそうで
年に一度、大捜索が行われているとか・・・。

その主人公の二人が旅した温泉が
「下部温泉」
朝、バスに乗車した地です

この散策は、その舞台となった場所を
巡っている感も多少、ありますね


140112114032a2.jpg

14.01.12.11:40.32.
バスは一旦、国道139号線を離れ、
精進湖に向かいます

車窓右に水面が見えます。

あ、精進湖?

でも・・・

こんなに小さかったっけ
湖って言うより、池じゃん

shojiko.jpg
その池は・・・地図の左下にある「小さな池」と記載した物でした

検索してみても、池の名前が判明しません。
地図上では分離していますが、精進湖と繋がって
いるのかもしれません


140112114140a2.jpg

14.01.12.11:41.40.
程なく進むと、大きな水面が・・・
こちらが、メインの「精進湖」のようですね

本栖湖同様、水位が下がっているみたいで
湖岸が広くなっています

湖は「完全凍結中」との案内

釣りのボートは、先に通ったボートが
割って出来た跡を通って湖の中に進んでいます

お昼の12時近くでも溶けないって事は
かなり冷え込んで居るのでしょう

精進湖の湖面の標高は、本栖湖と同じ900m
周囲は6.8kmあるそうです


140112114318a2.jpg

14.01.12.11:43.18.
精進湖越しに富士山が見えます

ここもバスの便が悪いので、乗ったまま通過

富士山の手前に見える山は「大室山1468m」
富士山の測火山のひとつだそうですが
麓にあるので独立した山に見えます。

頂上には火口の窪みがあるが、登山道は無く
入山は危険なのだそうです(by Wik)


140112114610a2.jpg

14.01.12.11:46.10.
は国道139号線に戻り、
青木ヶ原樹海の脇を走ります

青木ヶ原の広さは約30㎢
山手線の内側の広さと同じくらいだそうです

R139.jpg
富士山の北側の裾野を巡る「国道139号線」

高原なのでさほど起伏はなさそうに思っていましたが
標高900mの本栖湖から進むと「鳴沢氷穴」付近で標高1020m、
河口湖近くの「船津三差路」という地点が標高845m、
富士山駅付近で標高800m・・・と結構、起伏があります。

バスや車だと大した事ないのでしょうが、
自転車にとっては、キツかった筈

国道300号線をヒイヒイと上がってきた後、
河口湖に向かう際、更に100m登らされて
息も絶え絶えだったと思います


140112121215a2.jpg

14.01.12.12:12.15.
「本栖湖」を出て、約45分

バスは「河口湖」駅に着きました
ここは、富士急行線の終点
駅舎の屋根越しに富士山が見えます

この眺め・・・こちらの方が「富士山」駅との名称でも
良さそうに思えちゃうのですが


140112122455a2.jpg

14.01.12.12:24.55.
車内から富士山をズームアップ

頂上付近に雪煙が見えます
強風が吹いているのでしょうか

あと10分程で、終点の「富士山駅」バス停に到着です

つづく

関連記事
スポンサーサイト

2014.01.31 


Secret