サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「国道300号線を通って」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

忍野八海を巡ります

140112155006a2.jpg

14.01.12.15:50.06.

忍野八海、最後に巡ったのは「底抜池」です

他の池はそのまま見れますが
この池だけは有料(はんのき資料館:300円)

私有地だから?
ケチくさいなあ

最初は、「じゃ、見なくてもいいや」って
思ったりもしたのですが

もう再訪はないかもしれないし・・・
折角、7つの池を見たのだし・・・
時間も余ってるし・・・

最後に入ってみました

140112155042a2.jpg
14.01.12.15:50.42.
入口の小さな建物で入園料を払い
園内に入って、最初に目につくのが
この「氷柱」

勿論、人工物だけど
昼間でも溶けないのが、この辺りの寒さを
物語っています


osino7.jpg
大きな池「鯉の池(人造池)」をグルリと
廻って、古民家の奥にあるのが「底抜池」です


140112155256a2.jpg

14.01.12.15:52.56.
「有料」だからでしょうか
訪れる人も少なくて・・・
この池は閑散としています


140112155334a2.jpg

14.01.12.15:53.34.
水深は1.5m・・・あまり深くないようです
見た目にもそんな感じですが・・・
堆積物で実際の深さはよく判らないようです

静かな池面で、樹木の枝まで映っています


140112155402a2.jpg

14.01.12.15:54.02.
手前左の敷石の廻りの地面・・・夕方4時前だというのに
まだ霜柱で持ち上がっています

池名の言われは・・・
この池で洗い物を誤って落としてしまうと
渦に巻き込まれ、見つからなくなる。

後から、「お釜池」に浮いてきたので
底が抜けた池・・・と


140112155630a2.jpg

14.01.12.15:56.30.
「底抜池」から「鯉の池」に至る道筋は
1日、日陰なのか、雪がそのまま残っていました

こんな場所を見つけると、雪をギュッギュッと踏んで
歩き廻りたくなります


140112160029a2.jpg
1
4.01.12.16:00.29.
料金所の建物の屋上(2階)は
展望台になっています

急な鉄製の階段に雪と氷が残っていて
怖々と上がります

古民家や木々の姿は池面に映りますが
富士は角度的に無理なのかな?


140112160258a2.jpg

14.01.12.16:02.58.
展望台から降りて、池の周りにあるベンチで一服

「写真(を撮りに)ですか?」
管理している?お婆さんが話しかけてきて
「はい。でも逆光で・・・来るなら午前中でしょうか?」

「そうですね。午前中は富士山が青く見えますよ」

この散策中の会話

バスの運転手さん
モスのお姉さん
・・・との一言だけだったので
唯一、長い会話でした


140112160414a2.jpg

14.01.12.16:04.14.
富士山の頂上の上にかかる雲が
一瞬、虹色に輝きました


140112160520a2.jpg

14.01.12.16:05.20.
お陽さまは富士の頂上より低い位置に・・・

最寄のアメダス(山中湖)の気温は1.3度
急激に冷え込んできました

高速バスは16時40分発・・・
そろそろバス停に向わないと

つづく

関連記事
スポンサーサイト

2014.02.10 


Secret