サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

越後湯沢駅です

140207090105a2.jpg

14.02.07.09:01.05.
「越後湯沢」駅(標高352m)で乗り換えます

前面に雪がびっしり付いています
窓上の格子は、落雪対策でしょうか・・・。

この電車は、「北越急行」ほくほく線の普通電車

北越急行は、新潟県の南魚沼市の「六日町」駅と
上越市の「犀潟(さいがた)」駅を結んでいます。

普通電車は「六日町」から「越後湯沢」と
「犀潟」から「直江津」までJR線に乗り入れ(一部、六日町止まり)

特急電車は、「越後湯沢」と「金沢」(一部、和倉温泉)を
結んでいます

以前、関東~北陸間を結ぶ際、東海道新幹線で米原、米原から
北陸線経由か、上越新幹線で長岡、長岡から信越線で北陸・・・
でしたが、この路線の開業で大幅に時間が短縮されました。

只、北陸新幹線の金沢開業後が心配されています。

hokuhoku01.jpg

北越急行ほくほく線は、運賃をJR線と通算してくれるので
お得感があります。
JR規定による「途中下車」が、ほくほく線内でも適用されます


140207090208a2.jpg
14.02.07.09:02.08.
電車の発車は09:26

発車まで30分弱あったのでホームをうろうろ

温泉地ならではの「足湯」ならぬ「指湯」?
指先だけ温まりました


140207090420a2.jpg

14.02.07.09:04.20.
普通電車の先に「特急はくたか4号」が発車

「越後湯沢」駅から「金沢」駅まで2時間45分
「東京」駅から上越新幹線+「はくたか」で乗り継ぐと
金沢まで3時間50分・・・早いです

編成は前6両が北越急行の「スノーラビット」、
後ろ3両がJR西日本の「ホワイトウイング
日によって、組み合わせが変わるそうです
(写真はJR西日本の車両)

2008年に上越市を訪れた際
グリーン車に乗車(贅沢~)
ふっかふかの座席でした

奥の構内では除雪作業中・・・
雪が作業員の背丈より高く積もっています


140207090524a2.jpg

14.02.07.09:05.24.
ホームの先端へ・・・

ここでも私の背丈より高く積もっています(180cm以上?)
除雪したホームも20cm以上の積雪

頻繁に除雪しないとならないのですね・・・


140207092423a2.jpg

14.02.07.09:24.23.
車内から窓の外を見ると・・・

柵の一番上のパイプが雪の重みで
曲がっています


140207092508a2.jpg

14.02.07.09:25.08.
「長岡」から到着した上越線上り電車です

最後尾も巻き上げた雪がびっしり付着しています


140207092602a2.jpg

14.02.07.09:26.02.
「北越急行」普通電車の車内です

ボックスタイプとロングシートの組み合わせ
窓は固定窓なので、室内に雪が舞う事はなさそう

通勤・通学時間が過ぎたので車内はガラガラです


140207092852a2.jpg

14.02.07.09:28.52.
09:26、「越後湯沢」駅を出発です

写真の色合いがおかしくなっています

カメラの不具合ではなく、
電車の窓がカーテン省略タイプ・・・
熱線吸収ガラスを使用している為、
モノトーンのような色合いになってしまいます

乗車時は多少、色合いが変わるかな?って印象でしたが
実際に撮った物を見てみると、かなり違います

人間の目では、雪は光を反射して明るく見えますが、
カメラは忠実に写してしまうのかもしれません

電車の車両全ての窓が
熱線吸収ガラスではなく、座席窓のみのよう・・・
運転席やドアの窓はノーマルガラスのようです。


140207092943a2.jpg
14.02.07.09:29.43.
「北越急行」の普通電車・・・
JR上越線の駅、「石打」と「大沢」は通過します。
通常は「上越国際スキー場前」駅も通過なのですが
冬季は臨時停車・・・かきいれ時ですものね

運転台のワイパーは絶えず、動いています。
写真では判りにくいですが、雪が降り続いています


140207093040a2.jpg

14.02.07.09:30.40.
雪が深く積もっていて、田んぼなのか畑なのか
それともグランドなのか・・・
さっぱり判りません

物置の設備も殆ど、雪に埋もれています


140207093132a2.jpg

14.02.07.09:31.32.
車窓右側に山並みが見えています

雪雲とガスに覆われていてはっきり判りませんが・・・
地図で調べてみると「巻機山(まきはたやま)」1967mに
連なる山並みっぽいです
(間違っていたら、


140207093304a2.jpg

14.02.07.09:33.04.
車窓左側は、スキー場関連施設っぽい
建物が点在しています

「越後中里」から「六日町」の間
上越線の両側には数多くのスキー場があります

つづく

関連記事
スポンサーサイト

2014.02.15 


Secret