サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

山道に入ります

140208095531a2.jpg

14.02.08.09:55.31.
「上林温泉街」から山道に入ります

朝10時前ですが、足跡が沢山あります
既に「地獄谷」へ向かった人が大勢、居る感じ

バスはガラガラだったのに・・・
どこから来たのでしょう?
やはり、あの駐車場に停まっていた車?

道の左側は崖になっています
自然と、道の右側に寄って歩いてしまいます

140208095705a2.jpg
14.02.08.09:57.05.
道の左側は、かなり急な崖・・・
斜面には木々が真っ直ぐに伸びています

かすかに川の流れの音が聞こえます
地図で調べると、約90m下に「角間川」の流れが
あるようですが・・・全く見えません

道端も雪で路面が隠れているので、何があるのか判りません
踏み抜いてズルッと滑り落ちたら・・・危ない、危ない


140208095850a2.jpg

14.02.08.09:58.50.
道の所々に、案内看板が・・・
入口から200mほど歩いてきました

急ではありませんが、少しずつ登っている感じ
・・・勾配を感じる事もなく、疲れる事はありません


140208100432a2.jpg

14.02.08.10:04.32.
何組かのグループ客を追抜いて歩いています

意外とすれ違う観光客の方々も多いです
もう野猿公苑を見学してきたようです

道脇の板の上を見ると、15cm位の積雪に
なっているのでしょうか

歩いているのですが
肩やフード、バッグにも雪が積もり、すぐに真っ白になります

近くにアメダスが無いので実測値は判りませんが
標高576mの「野沢温泉」のこの日、朝10時の気温が
-5.1度by気象庁・・・
そこよりは標高が高い位置なので、気温はもう少し低いかも
・・・なので、衣服に付いた雪も溶けないみたいです


jigokudani.jpg

上林温泉バス停の標高は約780m、
地獄谷温泉「後楽館」の標高が約830m
「野猿公苑」は約860mの標高になるようです


140208100440a2.jpg

14.02.08.10:04.40.
「野猿公苑」までの道のほぼ中間辺り

雪の積もり方が新雪っぽい・・・
この辺りでも、昨日までは雪は殆ど無かったのかもしれません


140208101108a2.jpg

14.02.08.10:11.08.
川の音が、はっきりと聞こえるようになってきました

崖下に川の流れが見えてきます

道の勾配は然程、変化していないので
川の傾斜が急になったのでしょう・・・


140208101121a2.jpg

14.02.08.10:11.21.
雪の重みで?強風で?
倒木もチラホラ見られます

小規模の雪崩が起きる事もあるのかな?

途中、「注意書き」に落石注意とあったような・・・
この時期ですと、斜面上からの落雪、雪崩の方が恐いですね


140208101520a2.jpg

14.02.08.10:15.20.
建物が見えてきました

「地獄谷」にある旅館でしょうか・・・
でも、人影も見えません

観光客相手の売店のようでした
(でも、休業中の様子)

カメラの設定を間違えて、白っぽく写ってしまっています


140208101638a2.jpg

14.02.08.10:16.38.
その先に見えてきたのが、地獄谷温泉「後楽館」のようです

手前の橋は「延命大橋」と言うそうです
冬以外は、川を渡った反対側にある近くの駐車場まで
車で来れるそうですが、冬場はストップ・・・
今、来た道を歩くしかないようです

「後楽館」の露天風呂、混浴だそうです
で、場合によっては、お猿さんとも混浴だとか・・・

そのかわり、カメラを持って野猿公苑を訪れる方たちからも
丸見えの場所なので、入浴には度胸がいりそうです


140208101736a2.jpg

14.02.08.10:17.36.
地図を見ると
「後楽館」を過ぎると、「野猿公苑」はその先の筈・・・

でも、ここから石段を登るようです

この斜面の上に「露天風呂」があるのでしょうか?

つづく

関連記事
スポンサーサイト

2014.03.06 


Secret