サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「鎌倉・江ノ島ハイク」のトップ記事はこちら

葛原岡神社へ向かいます

140315085253a2.jpg

14.03.15.08:52.53.

「浄智寺」を過ぎて、山道に入ります

まずは緩やかな石段が見えています・・・
この辺りの標高は約50m、葛原岡神社の標高は約82mと
標高差は然程、ありません

が、進むにつれて、かなりの傾斜が続く道・・・
さらに2日ほど前、雨が降っていたので、滑りやすいかもと
杖代わりの「一脚」を持参したのですが・・・
土面は乾いてました
140315085623a2.jpg
14.03.15.08:56.23.
登りだして4分ほど・・・ですが
それなりの高さに

木立の間から、寺院の屋根が見えます
ハイキング道から南東の方向っぽい・・・
屋根の形状、色から「英勝寺」かな?
個人様のサイトの写真がこちら
似ている気がするのでしょうが、どうでしょう?


140315085750a2.jpg

14.03.15.08:57.50.
木の枝を引っかかりにして
坂を登ります

道にはツバキの花が点々と落ちています
この辺り、ツバキの木が点在しています
シーズンには、目を楽しませてくれるのでしょうね


140315090518a2.jpg

14.03.15.09:05.18.
ハイキング道に入り約12分過ぎて
まだ500m足らずしか歩いていません

傾斜が影響しています

「葛原岡神社」までは、あと200m・・・との表示ですが
この標識、どうも、高低差を考慮していないような

もっと歩かされてる気がします


140315090742a2.jpg

14.03.15.09:07.42.
木の根っこの箇所は、滑りやすいし、段差も異なるし
歩幅とも合わないので、時間を食います

時々、周囲で「ガサガサ」って音がします
音の方を見ると・・・「リス」が居ます

カメラで追ってみるのですが、
動きが早くて追いつきません

鎌倉に居る「リス」は「タイワンリス」が主流だとか・・・

昔、「江ノ島植物園」で飼育していた「タイワンリス」が
台風で飼育小屋が壊れ、脱走・・・江ノ島を繋ぐ「弁天橋」を
渡って、鎌倉市内へ入り込み、繁殖したと言われています

増えすぎて、被害が出るようになり、餌やり禁止
ならびに駆除作業を行っているそうです


140315090840a2.jpg

14.03.15.09:08.40.
写真では判り難いのですが・・・
歩いてきた道を、振り返って撮りました

奥側に、今、立っている高さに道があります

アップダウンが多すぎっ

折角、登ったのに、下って行く・・・
もう、イヤ!

こういうのってメゲますね


140315091033a2.jpg

14.03.15.09:10.33.
「葛原岡神社」に到着しました

奥に「本殿」が見えます

たかだか700mの道のりに
20分近くかかってしまいました

「葛原岡神社」の由緒はこちら

今、「楠原岡神社」は縁結びのご利益があると
女性を中心に人気があるそうです
左側には「絵馬」が沢山、下げられています
こちらの「絵馬」は型をしています


140315091227a2.jpg

14.03.15.09:12.27.
参道には「沈丁花」の花が・・・

祀られた、日野俊基朝臣氏が
好まれた花だったのでしょうか・・・


140315091357a2.jpg

14.03.15.09:13.57 .
「葛原岡神社」の境内には
「合鎚稲荷社」のお社もあります


kita-kamakura.jpg

この後、「銭洗弁財天」へ向かいます

「北鎌倉」駅からの歩行距離・・・約1800m
(施設内の散策距離も含みます)
(山間部の道のりはヤマレコのデーターを参考にしています)

つづく

関連記事
スポンサーサイト

2014.03.21 


Secret