サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「鎌倉・江ノ島ハイク」のトップ記事はこちら

佐助稲荷に向かいます

140315095330a2.jpg

14.03.15.09:53.30.
「高徳院」方面の道を分岐して
200mほど歩いた所にある「佐助稲荷神社下社」

お社の右側に縁結びの
「縁結び十一面観音」が安置されています

ここまでの道は住宅街の中・・・
ガレージを見ると、普段、車を利用しない
私でも判るような、高級車、外車がズラズラ

この辺り、高級住宅地なのかもしれません
140315095443a2.jpg
14.03.15.09:54.43.

「下社」を過ぎると緩やかな登り坂

舗装道が終わり、参道の道になります
奥の木立の中には赤い鳥居が連なっている様子が
見えて来ます

住宅街から一転
山中に入って行く雰囲気・・・


140315095536a2.jpg

14.03.15.09:55.36.

赤い鳥居は28個、石の鳥居が2個あるとか・・・

でも、実際は寄進された方の鳥居がたつそうですので
もっと数が多い気がします

いずれにしても、鳥居と幟のトンネルですね


140315095653a2.jpg

14.03.15.09:56.53.

途中から階段に・・・傾斜も増してきます

鳥居の参道は60mほど続きます


140315095739a2.jpg

14.03.15.09:57.39.

石段の先に「拝殿」が見えてきます


140315095832a2.jpg

14.03.15.09:58.32.

鳥居に囲まれた参道脇の石段には
可愛いキツネさんの像が・・・

台座も立派です


140315095935a2.jpg

14.03.15.09:59.35.

「拝殿」の廻りには、沢山のキツネさんが・・・。

授与所で分けていただき、境内に
置くことができるそうです


140315100027a2.jpg

14.03.15.10:00.27.

奥のお社が「佐助稲荷神社」の本殿です

創建は1190年頃、源頼朝によるそうです

「佐助稲荷神社」は出世運と仕事運アップの
ご利益があると言われています
繁盛の守護神「銭洗弁財天」と共に
巡ると、最強でしょうか?

あ、縁結びの「葛原岡神社」を含めて、最強?


140315100124a2.jpg

14.03.15.10:01.24.

「本殿」にも沢山のキツネさんが・・・

切れてしまっていますが、写真左側に階段が見えます。
背後の山へ登る階段です

この道も、散策後、知ったのですが、
「高徳院」方面への散策路、かなりの短絡ルートになります
事前に調べておけば・・・


140315100214a2.jpg

14.03.15.10:02.14.

「霊狐泉(れいこせん)」

「霊狐の神水」と称えられる泉は、
今でも湧き出ています

この「霊狐泉」はパワースポットとしても
有名なのだそうです


140315100900a2.jpg

14.03.15.10:09.00.

「霊狐泉」の脇にある休憩用の椅子に座っていると
時折、木立の中やお社の上の方でガサガサって音が・・・

あの「タイワンリス」です
お社の屋根から、あっという間に去ってしまいましたが
崖下を見ると、餌を探している?タイワンリスの姿が・・・

以前、訪れた際は、沢山のタイワンリスが
いましたが、餌やり禁止と駆除の効果でしょうか・・・
見かける数は少なくなった気がします

genjiyama.jpg
この後、一旦、来た道を戻り、「銭洗弁財天」からの
道との合流点を右折し、高徳院へ向かいます

「北鎌倉」駅からの歩行距離・・・約2900m
(施設内の散策距離も含みます)
(山間部の道のりはヤマレコのデーターを参考にしています)

つづく
関連記事
スポンサーサイト

2014.03.24 


Secret