サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「鎌倉・江ノ島ハイク」のトップ記事はこちら

国道134号線を歩きます

140315130020a2.jpg
14.03.15.13:00.20.
海岸沿いの国道134号線が路肩改修工事で
歩道が歩けないので、砂浜を歩いています

海水で湿ってやや硬くなっているのですが
やはり歩道を歩くより、ペースが落ちてしまいます

「江ノ島」まで残り2kmちょっとですが
お昼ご飯も食べてないし・・・
このペースだと2時を廻るかも・・・
140315130329a2.jpg
14.03.15.13:03.29.

砂浜を歩くのはやめて、国道に戻ります

山側の歩道なので、海を撮る時、
通行する車が邪魔になってしまいますが、致し方ありません


140315130436a2.jpg

14.03.15.13:04.36.

歩道を歩いている人・・・たまにすれ違う程度
皆、車か「江ノ電」で移動なのでしょうね

でも、国道は大渋滞
藤沢や湘南方面から鎌倉・葉山へ向かう方向
土曜日の午後ですので、ドライブ目的の車が多そう

こんな時は、最高速度が然程、高くない「江ノ電」ですが
鎌倉には先に着きそうな感じです


140315130446a2.jpg

14.03.15.13:04.46.

「長谷」駅から「江ノ電」なら「江ノ島」駅まで19分ですが
「江ノ島」駅どころか、まだまだ途中なのに既に1時間半歩いています

でも、約1kmおきに駅があるので、疲れたら
いつでも乗れるという気楽さがあるのでしょうか
まだ特段の疲れは感じていません


140315130536a2.jpg

14.03.15.13:05.36.

「鎌倉高校前」駅です

崖の上に見えるのが高校かと思ったら
「聖テレジア病院」という病院でした

「鎌倉高校」はもっと手前・・・通り過ぎてたみたいです

「鎌倉高校前」駅付近は、アニメや映画の舞台にもなっていて
ファンが訪れるようですね


140315130658a2.jpg

14.03.15.13:06.58.

駅に停まっていた「江ノ電」を見ると・・・連接車でした

普通の電車は車体に2つの台車がありますが
(2両編成なら4つの台車)
連接車は2両の車体の連結面に台車が設置されてて
2両で3つの台車になっています
他に、関東では一部の小田急ロマンスカーが連接車ですね


140315131314a2.jpg

14.03.15.13:13.14.

「鎌倉高校前」駅から「腰越」駅に向かう途中
「江ノ電」の線路端に地層が表出しています

「稲村ヶ崎」の岩肌の模様に似ているような・・・
大昔、この辺りは波に浸食されていたのでしょうか


140315131504a2.jpg

14.03.15.13:15.04.

右に「小動岬(こゆるぎみさき)」が見えます

「こゆるぎ」って読み方、何かロマンチック・・・

「小動岬」には幕末に台場が設けられていたとか・・・

船着き場があって、「しらす直売場」の看板が出ていますが
誰もいません
今日の「生しらす」は売り切れてしまったのでしょうか


140315132018a2.jpg

14.03.15.13:20.18.

「小動岬」の付け根部分を通過すると
「江ノ島」と「片瀬東浜」の建物群が見えて来ます

道の左側の欄干の下に港があります
先に通った港が「腰越港」かと思ったら
こちらが正式の物のようです

この「腰越港」でお目当ての「シラス」があがるようです

「北鎌倉」駅からの歩行距離・・・約8800m
(施設内の散策距離も含みます)
(山間部の道のりはヤマレコのデーターを参考にしています)

つづく
関連記事
スポンサーサイト

2014.04.04 


Secret