サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「山梨・2014さくら」のトップ記事はこちら

「王仁塚(わにづか)」の桜に着きました

140412085948.jpg

14.04.12.08:59.48.
緩やかな斜面の途中に、こんもりと盛り上がった土盛り
・・・その上に一本の桜の樹

「王仁塚(わにづか)の桜」です

推定樹齢300年、幹廻り3.6m、樹高17mの
「エドヒガンザクラ」

諸説あるようですが、日本武尊(ヤマトタケル)の王子、武田王が
この地を治めた後、ここに埋葬された事から「王仁塚」と呼ぶようになったとも・・・。

確かに、こんもりとした盛り上がり方は古墳を想像させます

140412090221a2.jpg
14.04.12.09:02.21.
バックに見えるのは八ヶ岳

春は霞が出やすくて、八ヶ岳と一緒に撮れるのは
期間中でも数回しか無いのだとか・・・

前回、今回と、八ヶ岳とのシーンを見る事が出来たのは
ホント、幸運のようです

140412090356a2.jpg

14.04.12.09:03.56.
朝9時をまわったばかりですが
周囲の臨時駐車場はほぼ満杯

ナンバーを見ると、山梨県、近隣の長野県、静岡県以外、
新潟県や東京、愛知、大阪・・・と遠方からも来訪

140412090410a2.jpg

14.04.12.09:04.10.
人出は40人くらいでしょうか・・・
前回の訪問時には観光バスもやってきていました

お昼近くになると、更に訪問客が増えるのでしょうね
ただ、その訪問客の中で、歩いてきたのは、多分、私だけ

140412090456a2.jpg

14.04.12.09:04.56.
写真での桜の位置・・・左寄りになっていますが、
桜の左側に高圧送電線の鉄塔が立っていて、
その鉄塔と送電線が視野に入ってしまうのです

また小高い盛り土の上にありますが、右側の垂れ下がった枝を
全て入れると、訪問客が写り込んでしまう

結果、どうしても似通った写真ばかりに・・・

140412090527a2.jpg

14.04.12.09:05.27.
「塚」全体を撮ると、このような感じです

右側にも立派な桜の木が見えています
「広神社」という神社の境内の桜・・・だそうです

「一本桜」ではなく、数本の木が集まった形で咲いていますが
離れた所から見ると、「一本桜」のよう

140412090659a2.jpg

14.04.12.09:06.59.
この「王仁塚」へはバス道から歩道が通じていますが、周囲は農作地

この開花時期には、周囲に臨時トイレを設置し、八ヶ岳と一緒に
撮れる場所に通じる農道を開放して下さっています

つづく

関連記事
スポンサーサイト

2014.04.18 


Secret