サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「E7系とにわか旅」のトップ記事はこちら

篠ノ井線で松本へ向かっています

140504100905a2.jpg

14.05.04.10:09.05.
「西条」(にしじょう)駅(標高664m)を出て、「松本」駅(標高585m)へ向かいます

先頭車の展望スペースに移動。
トンネルが見えます・・・第3白坂トンネル(4260m)だそうです。
複線用のトンネルになっていますが、線路は単線のままになっています。

この辺りは地滑りの多発地帯であった為、
新しくトンネルを掘って新線に切り替えられました
(都合3つのトンネル、計7kmちょっとの長さ)

旧トンネルは「廃線敷コース」として
トレッキングルートになっています

トンネル歩き好きな私としては・・・いずれ訪れたいと思っています

シルエット風に映っている帽子を被った頭・・・
運転手さんではありません
男の子が展望スペースにかぶりついているのです

140504101457a2.jpg
14.05.04.10:14.57.
「明科」駅(標高526m)に近づき、右側の車窓に
北アルプスが広がります

正面やや左の小高い雪山が「常念岳」(2857m)、
その左に「蝶ヶ岳」、「大滝山」と続きます

正面やや右の積雪のない山は「有明山」(2268m)、
その右へ「燕岳」、「餓鬼岳」と続きます

140504101526a2.jpg

14.05.04.10:15.26.
「明科」(あかしな)駅を通過します

ここからは「犀川」に沿って松本盆地の東端を走ります
車窓右側に北アルプスが広がります

140504101659a2.jpg

14.05.04.10:16.59 .
やや薄雲も広がっていますが、北アルプスがくっきりと見えます

これだけ山が見えるのなら・・・
松本以降、プランが未定でしたが、
以前、計画した事のある「城山(じょうやま)公園」を訪れる事にしました

140504101807a2.jpg

14.05.04.10:18.07.
後方の展望スペースから・・・
電柱の左に「爺が岳」(2670m)と
電柱の右に「鹿島槍ヶ岳」(2889m)が見えますが
走行中は、架線の電柱と金具がひっきりなしにかぶります

140504101904a2.jpg

14.05.04.10:19.04.
一瞬の隙に・・・
爺ヶ岳は3つの頂上が特徴ですが
ネコの耳にも見える感じ

隣に見える「鹿島槍ヶ岳」は双耳峰が特徴です

140504102228a2.jpg

14.05.04.10:22.28.
「田沢」駅(標高557m)を出ると「犀川」が
近づき、北アルプスの展望が広がります

「リゾートビューふるさと」は「展望を楽しんで下さい」という車内放送の後
犀川と奈良井川の合流地点まで速度を落として走ります

粋な計らいですね

140504102822a2.jpg

14.05.04.10:28.22.
下車する「松本」駅に近づいてきました

西の方向に雪をかぶった「乗鞍岳」(標高3026m)の
姿が見えています

つづく
(訪問:2014年5月4、5日)

関連記事
スポンサーサイト

2014.05.17 


Secret