サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「E7系とにわか旅」のトップ記事はこちら

北杜市の「オオムラサキセンター」を見学中

140505110700a2.jpg

14.05.05.11:07.00.
綺麗な蝶の姿が見れるのは6月下旬からだとか・・・

この時期は、こんな幼虫の姿のみ
大きさは5mmから1cm位で
よ~く探さないと見つかりません

この「オオムラサキセンター」には蝶以外
様々な虫を見る事が出来ます
(苦手な方は追記はご遠慮下さい)

140505111021a2.jpg
14.05.05.11:10.21.
標本ではなく、生きたタランチュラ・・・
「メキシカンファイヤーレッグ」

タランチュラと聞くと「毒蜘蛛」の印象が強いですが
この種類はペットとして飼育される事もあるそうです

140505111130a2.jpg

14.05.05.11:11.30.
「クロオオサソリ」

サソリも毒を持つイメージですが
そうではないのも存在するのだとか・・・

でも、触りたくはないです

140505111155a2.jpg

14.05.05.11:11.55.
「ヘラクレスオオカブト」

世界最大のカブトムシだそうです
体長は、大人の手のひら位でしょうか・・・
係の方が触らせてくれました

140505111243a2.jpg

14.05.05.11:12.43.
蝶の標本を使ったツリー

綺麗は綺麗なのですが・・・
飾り物として扱うのは、どうなのでしょう

140505111444a2.jpg

14.05.05.11:14.44.
でっかい「ムカデ」

ムカデの種類は、どれも肉食で
噛まれる事があるので、要注意・・・だそうです
世界最大種だと40cmを越える物もいるとか


140505111544a2.jpg

14.05.05.11:15.44.
でっかい「ヤスデ」

太さはゴムホース級
こんなのが土から出てきたら卒倒しそうです


140505111817a2.jpg

14.05.05.11:18.17.
「オオムラサキ」が国蝶に選ばれた課程が
標本で描かれていました

今まで「オオムラサキ」って特定の地域にしか
生息しないと思っていたのですが、
全国各地で見られるので選ばれた・・・のだそうです


140505111952a2.jpg

14.05.05.11:19.52.
「オオムラサキ」の標本もありましたが
もっと鮮やかな色合いの印象だったのですが・・・

サイト上の写真を見ると、この標本とは大分異なるようです
色あせてしまったのかな?


つづく
(訪問:2014年5月4、5日)

関連記事
スポンサーサイト

2014.05.30 


Secret