サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「箱根登山鉄道界隈」のトップ記事はこちら

夕方4時を過ぎました

140524160250a2.jpg

14.05.24.16:02.50.
「塔ノ沢」駅に降りてきました

駅の廻りは「緑」だらけ・・・山奥の駅のよう
柱の前に立っているのは、ICカードのタッチ板
・・・「入口」と「出口」用が分かれています

ホーム左の階段で、こちら側のホームへ・・・
更に「阿弥陀寺」、「塔ノ峰」へのハイキングコースへと続きます

登山電車の終点は次の「箱根湯本」駅・・・
距離は1kmですが、57mの標高差を下ります

tonosawa.jpg

140524160528a2.jpg
14.05.24.16:05.28.
急な下り坂のトンネルを2つ抜けると
「箱根湯本」の商店街が見えてきました

まだ建物の4階の高さ・・・80‰の
最急勾配の坂を下って行きます

140524160546a2.jpg

14.05.24.16:05.46.
「箱根湯本」駅が見えてきました

宿泊施設へ向かうのでしょうか・・・
駅前の国道1号線は相変わらず渋滞中
送迎バスの姿も温泉地らしいです

140524160634a2.jpg

14.05.24.16:06.34.
ドアが開くと、駅員さんが隙間を塞ぐ板をセットします

古参の「登山鉄道」の車両は、新型の1128mmより
200mm位高くなっていて、ステップが付いています。

また、線路幅1435mmと広いですが車体幅は2m59cm、
一方、乗入れている「小田急」の車両は、線路幅1067mmと狭いですが
車体幅は2m86cmと、27cmの違いがあります

それらの事情からか、ホームとの段差、隙間が大きいので
安全のため、歩行板を準備しているのかもしれません


140524160654a2.jpg

14.05.24.16:06.54.
ここで乗換えです
小田急の車両を使った、箱根登山線「小田原」行き

乗るお客さんはまばら・・・
殆どの人が特急ロマンスカーを利用します

140524161817a2.jpg

14.05.24.16:18.17.
「風祭」駅を過ぎると、先の方に相模湾が見えてきます

山の風景から海の風景に移り変わり・・・


140524162913a2.jpg

14.05.24.16:29.13.
「小田原」駅に到着
「小田原-早雲山」間限定の「トコトコきっぷ」の
フリー区間が切れるので、切符を買い直しに
一旦、改札口を出ます

ここからはICカードで・・・


140524163310a2.jpg

14.05.24.16:33.10.
ホーム上では、特急ロマンスカー「はこね34号」の
併結作業が行われていました

小田原始発の前4両に、箱根湯本始発の6両がドッキング
昔は、連結時のショックを考慮して、停止中の車両の旅客ドアを閉めて
併結するのが一般的だった気がしますが、今はドアは解放のまま・・・
それだけ、静かな連結が出来るようになったのでしょう


140524163443a2.jpg

14.05.24.16:34.43.
利用するのは、左に停車中の「快速急行新宿行き」

特急ロマンスカーは16:35発で新宿には17:48到着
(乗車には特急料金890円プラス)
快速急行は16:40発で新宿には18:13到着

散策機会を増やすためにも節約、節約・・・

費用明細:

JR・小田急(都内-小田原:ICカード使用):1039.
トコトコきっぷ:                  1540.
飲料:                        140.
ランチ(餃子センター):             1188.
小田急・JR(小田原-都内:ICカード使用):1039.

トータル:                     4946.

おわり
(訪問:2014年5月24日)

関連記事
スポンサーサイト

2014.06.13 


Secret