サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「花便りから」のトップ記事はこちら

突堤に降りてきました

140614123619a2.jpg

14.06.14.12:36.19.

車道から分岐した階段を20mほど降りると
「白丸ダム」の突堤の上に出ます

水を堰き止める仕切り(ローラーゲートと言うそうです)を支える、
太いコンクリート柱・・・近づいてみると、かなりの迫力があります

この「白丸ダム」は意外な事に、東京都交通局が
運営する発電用ダム
都営地下鉄や都電に電力を供給しているのかも
って思ったら、東電に売却しているそうです

この突堤により対岸に移る事が出来るので
ハイキングコースにもなっているみたいです
140614123654.jpg
14.06.14.12:36.54.
突堤上にある解説用の看板

ダムの施設もなかなかですが
魚が通る「魚道」の施設、半端ないです

140614123816a2.jpg

14.06.14.12:38.16.
ダムからは勢いよく放水されていて
水煙の中にうっすらと虹も見えています

先に見える左岸の通路が「魚道」
下流から遡ってきた魚は接続部で一旦
向きを変えて、上がって行く事になります

魚たち・・・この魚道の存在にちゃんと気づくのでしょうか?

140614123838a2.jpg

14.06.14.12:38.38.
「魚道」をズーム

階段状の魚道には上から絶えず水が流れてきてて
魚はその流れに耐えながら登っていく形
魚道中央の石段と石段の間は、流れが弱くなるので、
魚たちはそこで一休み出来る構造です

真っ直ぐ下流の方へ向かう「魚道」は
中腹でスイッチバックのように向きを反対に変えて
発電所の構造物の中へ入って行きます

140614123850a2.jpg

14.06.14.12:38.50 .
放水しているのは大きなローラーゲートではなく
脇にある水路から・・・
梅雨の中、連日の降雨でダムの水量も満杯なのかも

140614123924a2.jpg

14.06.14.12:39.24.
上部に歩いてきた道の欄干が見えています

「白丸ダム」の突堤は、長さ61m、高さ30m

140614124247a2.jpg

14.06.14.12:42.47.
突堤脇からみるダム湖(白丸調整池)は
エメラルドグリーンの色に・・・
晴れていれば、もっと鮮やかに見えたのかもしれません

で、肝心の地下の「魚道」・・・
突堤の辺りを探してみたのですが立入り禁止の看板ばかりで
見当たりません
一旦、車の通る道まで石段を上がっていく途中・・・
少し下の方にコンクリート製の小さな建物があり、ドアが開いています。
下って、ドアの前へ行ってみると「出口」との表示が・・・

その建物の反対側に「入口」があるかと思ったら、そうでもないようで・・・

建物内にある階段を見ていたら、下から上がってくる人が来て
尋ねたら、車の通る道の脇に駐車場があって、そこが入口なのだとか

再度、上って車道に出てみると、確かに建物がありました

140614124444a2.jpg

14.06.14.12:44.44.
ダムの突堤ばかりに目がいってて
車道の崖寄りにあった駐車場とこの施設は
気にもせず・・・無視していました

建物内には3人ほど管理人さん?が居て
パンフレットを手渡してくれました

この先、急な階段なので、安全指導を行なう係員さんなのかも

140614124535a2.jpg

14.06.14.12:45.35.
建物の中央にある螺旋階段
予想外に深いぞ

ここを下っていった所に「魚道」があるようです


つづく(全15回)
(訪問:2014年6月14日)

関連記事
スポンサーサイト

2014.07.05 


Secret