140909122848a2.jpg
14.09.09.12:28.48.

旅行会社から送られてきた案内と振込用紙です

訪れてみたい所のひとつが、
長野県・下栗の里しらびそ高原

長野県と静岡県の県境に近く、
山梨県も近い山岳地帯です

下栗の里は標高800~1000mの急斜面に
耕地や家屋が点在し、「日本のチロル」と呼ばれる地

しらびそ高原は標高1900mに位置し、
3000m級の南アルプスが間近に眺める事が出来ます

最近、流行りの「日本の絶景シーン」では
必ず紹介されていますが、ネックはアクセス。

地元サイトによると・・・下栗の里は
・中央道飯田ICから車で75分
・JR飯田駅から路線バスで60分、タクシーに乗換えて15分で下栗
更に下栗からしらびそ高原へはタクシーで片道6000円

車が無い者にはかなり行きにくい場所です

shimoguri.jpg
地図中央の「ハイランドしらびそ」付近がしらびそ高原の中心のようです

車が無くても訪れる方法、その1・・・昼神温泉に宿泊
飯田から岐阜県中津川へ抜ける手前にある「昼神温泉」
そこから半日コースで「下栗・しらびそ高原」を巡るツアーがあります
費用:4280円、温泉発08:00、月曜日の運行、昼食各自

当初、このプランを利用しようと考えていたのですが
宿泊する「昼神温泉」って人気があるのか、空室が少ない上
ひとり宿泊だと2万円近い料金となってしまいます

他に何か方法は無いかと探していたところ・・・

車が無くても訪れる方法、その2・・・名古屋からのツアーバス
紅葉の時期11月は8日の土曜日に催行
名古屋駅往復でいざとなれば日帰りも可能
費用:8980円、名古屋駅09:00発、名古屋駅着19:45頃、昼食付き

宿泊するとしても、名古屋市内なら廉価なBホテルを利用できます

その1の案では、温泉は魅力的なのですが
東京から昼神温泉へは片道4時間超で、1泊旅行だと
他を巡る余裕が無くて、潰しが効かない気がします。

その2の案で宿泊の場合、翌日は1日フリーとなり
巡る選択肢が多いのがメリットですが、
催行人員にならないと中止の憂き目をみる羽目になります

とりあえず、申し込みを済ませて・・・
最低催行人数は30人

サイトに「催行決定」の表示が出るのを
ヤキモキしながら待つ事にします
関連記事
スポンサーサイト

2014.09.10 


Secret