サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


快速電車に乗車中です
140913090307a2.jpg

14.09.13.09:03.07.
先頭から2両ごとに「会津田島」行き、「新藤原行き」、「東武日光」行きの
6両編成快速電車が利根川を渡ります

「東武動物公園」駅を過ぎると
大分、車内も落ち着いてきました
駅間距離も長くなってきていて、首都圏の私鉄路線っぽくありません
・・・JRの長距離列車に乗っている趣きがあります
140913090714a2.jpg
14.09.13.09:07.14.

東京を出発する際は雲に覆われていましたが
秋晴れになってきました

晴れ予報を出していた、気象庁さん、
疑って申し訳ない

140913090952a2.jpg

14.09.13.09:09.52.

「東武動物公園」駅から21分で次の停車駅
「板倉東洋大前」駅に到着します。
「東洋大」と名前が付いていますが、東洋大キャンパスは
2009年に東京へ移転しちゃったとか

駅名表示を見ると、群馬県板倉町・・・と。
栃木県の日光へ向かうのに群馬県を通るなんて知りませんでした
itakuratoyodai.jpg
地図を見ると、ほんの僅かだけ群馬県を通るのですね
距離にして、約2.5kmだけ群馬県を走ります

この「板倉東洋大前」駅の開業は1997年・・・
それ以前、東武日光線には群馬県の駅はなく、通過するだけだったとか。

ちなみに南にある「新古河」駅
300mほど西の位置だと茨城県になっていました
東(右側)にあるJR東北本線「古河」駅は茨城駅ですが
東武鉄道「新古河」駅は埼玉県・・・なんか戸惑いますね
140913092735a2.jpg

14.09.13.09:27.35.

「栃木」駅を発車して、高架線を走行しています

JR「栃木」駅は開業が明治21年と、とても歴史のある駅
(東武「栃木」駅は昭和4年開業)ですが、2003年に高架工事が完了
・・・とても近代的な駅になっています

「栃木」駅は栃木県栃木市の駅・・・JE両毛線と接続しています。
栃木県の県庁所在地は栃木ではなく、宇都宮市
けど、蔵造りの建物が多く、小江戸、小京都、関東の倉敷と呼ばれ
観光地として、人気のある街だそうです(いずれゆっくり訪れてみたい

140913093649a2.jpg

14.09.13.09:36.49.

沿線の田んぼの穂も黄色くなってきています

「栃木」駅のひとつ手前・・・「新大平下」駅では
数人のハイカーが下車
関東平野を一望できる「大平山」を巡る
ハイキングコースがあるのだとか・・・

「板倉東洋大」駅からは水郷を巡るコース
快速は通過ですが、その次の「藤岡」駅からは渡良瀬遊水地を巡るコース
・・・と、この界隈には散策コースがてんこ盛り

140913094510a2.jpg

14.09.13.09:45.10.

09:44、浅草駅から1時間34分の乗車で
「新鹿沼」駅に到着しました

ひとつ前の停車駅「新栃木」から18.9kmの距離を
所要時間13分・・・平均速度は87.2km/hとかなりの俊足ぶり

写真の「会津田島」行きは、この「新鹿沼」駅から
終点まで、さらに1時間58分かかります

「会津田島」駅までの総所要時間3時間33分は、東海道新幹線「のぞみ」なら
東京駅から広島県福山駅に先に着いている時間(3時間29分)

140913094524a2.jpg

14.09.13.09:45.24.

 日本で2番(1位は近鉄の508.1km)、
関東では1番の路線距離(463.3km)を持つ
「東武鉄道」の路線図はデカいし、細かいです

乗車した「浅草」駅は路線図の一番右側、
到着した「新鹿沼」駅は左端に近い上段の縦に赤く染めてある所
浅草から46番目の駅・・・たっぷり乗った気分になれます

つづく

(訪問:2014年9月13日)

関連記事
スポンサーサイト

2014.09.17 


Secret