サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


大谷資料館に着きました
140913104947a2.jpg

14.09.13.10:49.47.
奥に見えるのが「大谷資料館」・・・のようです
周囲の駐車スペースには、既に多くの車が・・・
観光バスも何台か停まっています
(皆さん、早くから・・・

資料館への道の両側には「大谷石」の崖が見えています。
ここ、栃木県宇都宮市大谷町は「大谷石」の産地・・・
この地下に、東西8km、南北37km、深さ200~300mに渡って大谷石が
埋まっているとか。埋蔵量は10億トンと推定されているそうです(by Wiki)

以前は自宅の周りでも、大谷石をよく目にしました
大抵が石塀、門柱だったような・・・。
ザラッとした感触で
物がぶつかると削れてしまう柔らかさが印象的でした
(塀の下に破片が沢山、落ちていました

昨今の石塀は、ブロック造りが殆どのようで・・・
都内では大谷石を見る機会は少なくなっている感じです

140913105040a2.jpg
14.09.13.10:50.40.
三方を崖に囲まれた、奥まった所に建つ資料館

館内に入って見渡すと、受付と小さな展示スペース、
休憩施設があるのみです

受付の右横に仕切りがあり、その横に地下へ下る階段
・・・資料館のメインは地下に広がる「元採石場」です

140913105450a2.jpg

14.09.13.10:54.50.
入館料700円を支払い、地下への階段を下ります

公式サイトに掲載されているのが「本日の館内気温」
この時期(9月)はほぼ12度・・・のようです。
12度と言えば、晩秋、初冬の頃の気温でしょうか?
サイトにも「上着をご持参ください」と掲出されています

私も一応、フリースを持参(まだ秋物も出していないので
タンスの奥の方から引っ張り出してきました

階段を下るとすぐ、壁も天井も床も大谷石に・・・
この辺りの地面は、土ではなくて、岩だけで出来ているって事ですね

階段脇には、よく地下工事現場で目にする、空気を送風するホースが・・・。
地下は酸素不足?
ではなく、地下の冷気を1階館内へ送っているみたい
冷房代わりになるようです

140913105541a2.jpg

14.09.13.10:55.41.
カーブしつつ階段を降りると
突然、目の前に大空間が広がります

この辺りで、天井まで3階分くらいの高さがあるでしょうか
照明は通路近くの壁に設置されているため、天井は薄暗く
ボンヤリと見える程度・・・却って、それが広がりを感じさせるようです

前にいる見学者が立っているのは復路
往路は写真手前側を右から左へ移動する形です

140913105602a2.jpg

14.09.13.10:56.02.
左の壁添いの通路が往路です

中央の見学者が立つ通路は復路です
横道を右へ向かうと、前の写真の階段と繋がる形です。

往路部分を見ると、すでに見学を終えた人が随分居る感じです
開館が9時ですので、朝一で訪れたのかな?

140913105639a2.jpg

14.09.13.10:56.39.
採掘時の機械が置かれています
チェーンソー式の採掘機のようです

重量のある機械の搬出入も大変だったと思います

右上に続いている階段は復路です

140913112209a2.jpg

14.09.13.11:22.09.
かなりの石段を歩いて下ってきた場所なのに
ここまで大型トラックが入ってきたって

トラックが走行できるほどの巾と高さが確保され
傾斜も緩やかな分、長い筈・・・
地上への出口がどこにあるのか気になります

140913105700a2.jpg

14.09.13.10:57.00.
ブレてしまいましたが・・・
(殆ど、片手持ちでの撮影で、帰宅後、PCで見るまで
映り具合は???でした)

両側の柱?に鉄の扉が設置されています
確かに道路っぽく舗装されている感じ

140913105738a2.jpg

14.09.13.10:57.38.
航空機を製造できる地下工場にもなっていたとは・・・
一体、どのくらいの広さなのでしょう

oya.jpg

宇都宮からのバスは南(下側)からやってきて、

中央上部にある「立岩入口」が終点

大谷資料館へは、「資料館入り口」バス停を下車、
緩やかな右カーブする道を辿る事になります
(特に傾斜はありません)

つづく

(訪問:2014年9月13日)

関連記事
スポンサーサイト

2014.09.19 


Secret