サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

三遠南信自動車道・矢筈トンネルです
141108123557a2.jpg

14.11.08.12:35.57.
南アルプスの西側に平行している
標高1600~1800mの伊那山脈

その下を貫く「矢筈トンネル」を走行します

長野県飯田市と静岡県浜松市を結ぶ「三遠南信(さんえんなんしん)自動車道」、
全通は未定ですが、先に開通したこのトンネルは一般道として通行可能。
長さ4176m、西側出口の標高は約930m、東側出口は880mと
若干の下り坂になっているようです

141108123938a2.jpg
14.11.08.12:39.38.

途中から右カーブをしながら、4分ほどで出口へ到着

このトンネルを通って1日3本の路線バスが、飯田駅から下栗の里の麓付近を結んでいますが、
これから向かう「しらびそ高原」へはトンネルを抜けた所で分岐します

ここまでも十分、山道だったのですが、運転手兼任ガイドさん曰く
「ここから先が山道になります。路肩が弱いので、なるべく体重を山側にかけて下さい」と

141108124346a2.jpg

14.11.08.12:43.46.

トンネルを抜けて、4分ほどでこんな高い地点を走行中

トンネル出口はこの谷の下の方・・・
運転手さん、慣れた道なのでしょうが、
曲がりくねった登り坂をスイスイ走っていきます

141108124526a2.jpg

14.11.08.12:45.26.

それまでおしゃべりに興じていた同乗者の方々・・・
会話が途絶えています
車酔いではなく、狭い道とカーブの連続、そんな悪路を
平地のように走って行く運転に緊張しているみたいです

昼食後、添乗員さんとの会話の中で・・・
10日ほど前の催行では、雲の中で全く眺望がきかなかったとか
しらびそ高原では、雲海が広がり、南アルプスには雲がかかり
残念なツアーだったそうです。
山間部では、午後になると雲が広がるし・・・その前に着きたいですね、と。

この辺りでも陽射しがさしているし、今日は期待が出来そうです

141108125857a2.jpg

14.11.08.12:58.57.

先に見える道端が黄色く染まっています
道端だけではなく、斜面も・・・。

紅葉した落ち葉ではなく、実?種子?
風で舞うような軽さのものです

運転手さん、左手でマイクを掴んでいます
こんなカーブの前でもガイドをしたいみたい

141108130023a2.jpg

14.11.08.13:00.23.

飯田市街側に広がる「伊那山脈」だと思います

標高が1600~1800m、こちらもほぼ同じ高さまで
上がってきた感じです
西側は薄雲が広がってきています

141108130539a2.jpg

14.11.08.13:05.39.

山稜の頂上付近でもまだ紅葉が残っています

あの、空を見渡せる所が尾根の上・・・
あそこまで上がっていくようです

時折、「ハイランドしらびそ」の建物が見えてきました

141108130916a2.jpg

14.11.08.13:09.16.

尾根付近に上がってきました
標高は約1900mを越えている筈・・・。

紅葉が残る木もありますが、既に落葉した樹木が多い感じです
木々の隙間から見えるの山なみは南アルプスです
sirabiso.jpg
「矢筈トンネル」を抜けてから、約40分で1000m上がってきました

訪問日:2014年11月8~9日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2014.11.19 


Secret