サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「京都1day」のトップ記事はこちら

「圓光寺(えんこうじ)」に着きました
141130160153a2.jpg

141130160153
創建は1601年、この地に移ったのは1667年ですので
京都では新しい寺院・・・なのかもしれません

周囲を巡る壁や通路の敷石も新しくて綺麗です
公式HPも動画(YouTube)を用いたり、解説文に英文を併記、
住職がFacebookも・・・。
お寺さんとしては斬新な雰囲気です
拝観料500円

141130153427a2.jpg
141130153427

山門を入り、石段を上がって行くと枯山水の石庭が広がります
「奔流庭」だそうです

枯山水の庭って縁台から見るしかない寺院が多い中、
この圓光寺では、敷石を歩きながら巡る事が出来ます
時には小さな子供が敷石から外れて歩いてしまう
事も(この時、実際にありました)あるのに、寛容なお寺さん

手前の石組み・・・龍の頭です
白砂を雲海に見立てて、雲の上に現れた龍を現しているようです
お庭の名称の由縁なのかもしれません
正面にはシダレ桜が・・・春にお庭、遠景と共に楽しめるのでしょうね
141130153351a2.jpg
141130153543a2.jpg
141130153351
141130153543
(左)シダレ桜のそばに立つ石組み
・・・もしかしたら、龍の背を現しているのでしょうか

(右)本堂前のお庭「十牛之庭」・・・牛に見える十の石が配置されているとか
残るモミジ、散ったモミジ・・・鮮やかな色彩です
141130153650a2.jpg

141130153650

モミジの葉が配された「水琴窟(すいきんくつ)」・・・聞く事が出来ます
水音とは思えない、透明な感じの高い音です

京都でも随一とされて、この手水鉢に配した草花は季節によって変わるそうです


141130153909a2.jpg

141130153909

本堂の裏手には梵鐘も・・・。
この奥には墓地が有り、「村山たか」さん(花の生涯のヒロイン)、
マレーレア人留学生「SYED OMAR(サイド オマールさん)」(広島原爆で死亡)のお墓があります
141130154312a2.jpg

141130154312
裏手の高台を上がる遊歩道が続きます
石段には綺麗な玉砂利が敷かれているのですが・・・
歩いて下る際、その砂利が下段へ落ちてしまいます
下に溜まった砂利・・・手作業で上へ戻すのかな?
なって事、考えながら歩いていました

モミジが広がる部分が「十牛之庭」のようです
その横には竹林が広がります


この時、厚い雲に覆われてしまいました
晴れていると、この方角に太陽が沈むそうです
この方角が西の方・・・です
141130154427a2.jpg
141130155327a2.jpg
141130154427
141130155327
(左)高台の頂上部にある徳川家康を祀る「東照宮」
ここ圓光寺は徳川家康公の開基・・・なのだそうです

(右)夕方4時近くになり、
竹林の広がる庭はかなり薄暗くなってしまいました
141130155634a2.jpg

141130155634

一面のモミジ・・・

141130155715a2.jpg

141130155715
モミジに包まれて、にっこりと笑うお地蔵さま
・・・このお地蔵さまを目当てに訪れる人も多いという人気者です

141130160014a2.jpg

141130160014

山門付近に植わる「万両」

今回巡った中で、個人的に最上位に来そうなお寺さんでした
奨めて頂いて良かったです
次回は良いお天気の中で訪れたい・・・ですね

4時を過ぎましたが「鷺森神社」へ向かいます

訪問日:2014年11月30日
つづく(全12回)

*カテゴリ欄を手直し致します。その間、リンク切れと
なる記事が有りますが、ご了承ください
関連記事
スポンサーサイト

2014.12.19 


Secret