サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

ビルと庭園を巡って」のトップ記事はこちら

東京駅の方へ向かいます
150111160143a2.jpg

150111160143
お洒落なタイルの「丸の内仲通り」です
「新橋」駅から「有楽町」方面に抜けるのに
どの道にしようかと・・・
銀座通りは見慣れているし、日比谷側はホテルが建ち並ぶだけ。
なので、、普段、あまり歩いた事のない、首都高脇の道を歩いてみました。

高架になった首都高の下には飲食店が並びます
道の向かい側にも飲食店・・・
この道、「銀座コリドー通り」と言って有名なグルメ街です
で、あちこちで行列が出来ています
まだ夕方4時過ぎなのに・・・5時を過ぎたら、さらに
あちこちで行列が見られるのかもしれません

有楽町駅手前で、JRのガードをくぐり、日比谷側へ・・・
日比谷の映画館街を抜けて、「丸の内仲通り」に入ります

150111160712a2.jpg
150111160712

通り沿いには「ザ・ペニンシュラ東京」、「エルメス」、「バーバリ-」等
高級ホテル、ブランド店が並びます
昔は週末は閑散としたビジネス街だったのですが、
高層ビルも増えて随分、様変わり・・・

地下に京葉線「東京」駅がある「鍛冶橋通り」を渡ると、
左には商業施設とオフィスの複合施設「丸の内マイプラザ」が入る
「明治安田生命ビル(30階)」が立っています

右側は「丸の内パークビルディング(34階)」
この一角の商業ゾーンは「丸の内ブリックスクエア」
この中を通り抜けてみます
150111160854a2.jpg

150111160854

近代ビルには珍しく、巨大な柱にツタ?が絡んでいます

この施設の1階はショッピング、2、3階はレストラン街、
4階はフィットネスクラブが入居

建物の前では、肌寒いのですが、オープンカフェで
お茶をしている人たちが結構、居ます
150111160928a2.jpg

150111160928

内側は、「一号館広場」と呼ばれる中庭になっています

「一号館」とは、写真右側にある美術館
この日は「ミレー展」が開催中で、多くの人が入場待ちの
行列を作っていました
150111161030a2.jpg

150111161030

表通りから見た「三菱一号館美術館」

明治時代に建てられた「旧三菱一号館」を
レプリカで再建したものだそうです
150111161134a2.jpg

150111161134

「丸の内パークビルディング」の外壁は
かつてこの地に立っていた「丸の内八重洲ビル」の外壁を
保存、活用したものだそうです
yurakucho.jpg
新橋駅日比谷口から三菱パークビルディングまでの道のりは約1.5km
東京駅まではあと少し・・・。
150111161618a2.jpg

150111161618

「東京」駅の丸の内口に着きました

「旧東京中央郵便局」の跡地に「KITTE」と「JPタワー(38階)」
手前側の「KITTE」は、旧建物を保存、再生して
中には飲食店・販売店や博物館が入っています

外観は古い印象ですが、内部は斬新
5階まで吹き抜けになっています
150111161924a2.jpg

150111161924

丸の内口から皇居方面を見ると
右に「新丸の内ビルディング(38階)」
左に「丸の内ビルディング(37階)」

東京駅の駅舎を見るなら、右の「新丸ビル」7階
丸の内ハウス」がお奨めです
150111162408a2.jpg

150111162408

左から「JPタワー」、「丸ビル」、「新丸ビル」と
東京駅丸の内側の駅前広場には高層ビルが並びます

東京駅付近の高層ビルは、東京駅敷地で使われていない容積率
・・・「空中権」を利用しています
東京ビルディング(33階)、新丸ビル、丸の内パークビル、JPタワー、
八重洲口のグラントウキョウノースタワー(43階)、サウスタワー(42階)等が利用

東京駅で使われていた容積率は20%、
残りの80%を「空中権」として周囲のビルに売却
その「空中権」によって、本来の容積率以上の高層ビル化が可能となりました

JR東日本が売却した「空中権」で
丸の内駅舎の復元費用の500億円を賄ったそうです
tokyo.jpg
東京駅の高架ホーム・・・新幹線が5面、在来線が5面
面積的には、圧倒的に新幹線ホームが占めています

訪問日:2015年1月11日
つづく(全10回)
関連記事
スポンサーサイト

2015.02.10 


Secret